【予約】 マルコス・ヴァーリの新作がリリース決定!

  • LATIN / BRAZIL
  • ニュース
  • 2019.05.17

    • LINE

    • メール
    ブラジルが生んだポップ・ミュージック・マスター、マルコス・ヴァーリの約9年ぶりとなる新作がリリース決定! マルコスのディスコ/ブギー時代を現代にアップデートしたかのような、今旬すぎるアーバン&ブリージン・サウンドをたっぷりと収録した激良の一枚!

    • MARCOS VALLE / マルコス・ヴァーリ / センプリ

      LATIN / BRAZIL

      センプリ

      MARCOS VALLE マルコス・ヴァーリ

      マルコスのディスコ/ブギー時代を現代にアップデートした今旬すぎるアーバン&ブリージンな新作!

      Unimusic / JPN / CD / UNCD023 / 1007911095 / 2019年07月17日

      • CD
      • 予約

      ブラジルが生んだポップ・ミュージック・マスター、マルコス・ヴァーリの約9年ぶりとなる新作がリリース決定! マルコスのディスコ/ブギー時代を現代にアップデートしたかのような、今旬すぎるアーバン&ブリージン・サウンドをたっぷりと収...

      2,268円(税込)

      ※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

      ブラジルが生んだポップ・ミュージック・マスター、マルコス・ヴァーリの約9年ぶりとなる新作がリリース決定! マルコスのディスコ/ブギー時代を現代にアップデートしたかのような、今旬すぎるアーバン&ブリージン・サウンドをたっぷりと収...

    • MARCOS VALLE / マルコス・ヴァーリ / SEMPRE

      LATIN / BRAZIL

      SEMPRE

      MARCOS VALLE マルコス・ヴァーリ

      マルコスのディスコ/ブギー時代を現代にアップデートした今旬すぎるアーバン&ブリージンな新作!

      FAR OUT RECORDINGS / UK / CD / FARO211CD / 1007911094 / 6月下旬入荷予定

      • CD
      • 予約

      ブラジルが生んだポップ・ミュージック・マスター、マルコス・ヴァーリの約9年ぶりとなる新作がリリース決定! マルコスのディスコ/ブギー時代を現代にアップデートしたかのような、今旬すぎるアーバン&ブリージン・サウンドをたっぷりと収...

      2,052円(税込)

      ※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

      ブラジルが生んだポップ・ミュージック・マスター、マルコス・ヴァーリの約9年ぶりとなる新作がリリース決定! マルコスのディスコ/ブギー時代を現代にアップデートしたかのような、今旬すぎるアーバン&ブリージン・サウンドをたっぷりと収...

    • MARCOS VALLE / マルコス・ヴァーリ / SEMPRE

      LATIN / BRAZIL

      SEMPRE

      MARCOS VALLE マルコス・ヴァーリ

      マルコスのディスコ/ブギー時代を現代にアップデートした今旬すぎるアーバン&ブリージンな新作!

      FAR OUT RECORDINGS / UK / LP(レコード) / FARO211LP / 1007911093 / 6月下旬入荷予定

      • レコード
      • 予約

      ブラジルが生んだポップ・ミュージック・マスター、マルコス・ヴァーリの約9年ぶりとなる新作がリリース決定! マルコスのディスコ/ブギー時代を現代にアップデートしたかのような、今旬すぎるアーバン&ブリージン・サウンドをたっぷりと収...

      2,592円(税込)

      ※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

      ブラジルが生んだポップ・ミュージック・マスター、マルコス・ヴァーリの約9年ぶりとなる新作がリリース決定! マルコスのディスコ/ブギー時代を現代にアップデートしたかのような、今旬すぎるアーバン&ブリージン・サウンドをたっぷりと収...


    ボサノヴァからキャリアをスタートし『ガーハ(1971)』や『プレヴィザォン・ド・テンポ(1973)』といった作品でソフトロックやレアグルーヴ方面でも高い評価を獲得。さらには『ヴェント・スル(1972)』でサイケ方面を視野に入れつつ『ヴォンタージ・ヂ・レヴェール・ヴォセ(1981)』『マルコス・ヴァーリ(1983)』ではディスコ~AORサウンドを披露するなど、時代に沿ってスタイルを変化させつつも、そのどれもが名盤といわれるポップ職人、マルコス・ヴァーリ。単独名義としては約9年ぶりとなるスタジオ録音作『SEMPRE』も、我々の期待を上回る、マルコス・ワールド全快の傑作となった。

    アレックス・マリェイロス(アジムス)、アルマンド・マルサル(EX.パット・メセニー・バンド)といった名手を従えつつ、マルコスらしいキャッチーなメロディを、リオの潮騒を感じさせるアーバン&ブリージン・サウンドで披露。80'S後期~90'S初期のサウンドがリヴァイバルする今の空気にぴったりと寄り添いつつも、マルコスらしいカラーがしっかりと反映されたその内容は、マルコスのキャリアにおける最高傑作のひとつと言っても過言ではないだろう。 リオのビーチで飲むカクテルよりもフレッシュでフルーティー? 今年の夏はマルコスで決まり!

    • 前の記事へ

      【発売】 知られざるミナスの音楽家、ホドリゴ・モレイラの自主制作盤2タイトルを限定数量取扱!

      LATIN / BRAZIL

      2019.05.21

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【発売】 5/17(金)より最新のブラジル新譜を発売開始!

      LATIN / BRAZIL

      2019.05.16

    • 一覧へ戻る