Mallu Magalhães『Vem』『Pitanga』が初レコード化!

  • LATIN / BRAZIL
  • 新着ニュース

2024.04.23

  • LINE

  • メール

ブラジルのシンガー・ソングライター、マルー・マガリャエスの『Vem』『Pitanga』が待望のレコード化!
本人によるサイン入りバージョンは限定盤のため予約を推奨します。





ブラジルのシンガー・ソングライター、マルー・マガリャエスの4THアルバム('17)が待望の初レコード化。

夫でもあるマルセロ・カメーロを中心にマリオ・アヂネー、アルマンド・マルサルといったブラジル音楽界を支えてきた重鎮から、ヴィトール・カブラル、シヂエル・ヴィエイラといった気鋭ミュージシャンを迎え、2016年の10月から2017年の3月にかけてリスボン、リオ、サンパウロの3箇所で録音。大ヒットとなった前作『Pitanga』の路線をさらに拡張し、ボサノヴァありフォークあり、サンバジャズありと王道MPBともいえる内容に。ピンクを背景に自身のポートレイトをあしらったジャケットといい、マルーのポップな側面を前面に打ち出した人気作なだけに、今回のレコード化はまさに待望! レコードはピンク・ネオン・エフェクト・カラーの半透明盤と、レコード好きのツボをつく絶妙なカラー選びも嬉しい限りです。










ブラジルのシンガー・ソングライター、マルー・マガリャエスの3rdアルバム('11)が待望の初レコード化!

ボブ・ディラン直系のフォークロックからキャリアをスタートした彼女だが、公私のパートナーであるマルセロ・カメーロに加えて、カシン、マウリシオ・タカラを招聘した本作で、はじめてドラムやピアノを録音に追加し、これまでに比べグッとポップ路線へと舵を切った。それもあってかローリングストーン・ブラジルでは、その年のベストアルバムの3位にランクイン。また本作収録の「Sambinha Bom」はその年の最優秀曲7位に選ばれるなど、彼女のキャリアにおいてもっともヒットしたアルバムのひとつとして知られている。