■ブラジルCD■オルガン・サンバの雄! ワルター・ワンダレイの80年代初頭音源がついに世界初CD化!

  • LATIN / BRAZIL
  • 新着ニュース
  • 2014.10.16

    • LINE

    • メール

    オルガン・サンバの雄! ワルター・ワンダレイの80年代初頭音源がついに銀盤化! グローバー・ワシントンJrの大ヒット曲、「ジャスト・ザ・トゥ・オブ・アス」のカバーも収録。ボーナス・トラック6曲も含め、18曲全て世界初CD化。



    ●ワルター・ワンダレイ / パーペチュアル・モーション・ラブ +6(WALTER WANDERLEY / PERPETUAL MOTION LOVE+6)
    (CREOLE STREAM MUSIC) / CD  / 2014年12月13日発売 2,300円+税

    カートに入れる

    ブラジル出身のオルガン奏者ワルター・ワンダレイが、81年にGNP Crescendoレーベルに残した未CD化音源。そしてこれが86年に若くして逝去した彼の、おそらくラスト・レコーディングと言われている。全編にわたりワルター・ワンダレイの独壇場とも言えるオルガン・サンバが炸裂した傑作。同じくGNPからの『Brazil's Greatest Hits』(こちらはCD化済)がサンバ~ボサノヴァの名曲選といった趣だったのに対し、こちらは、もちろんブラジルのボサノヴァを中心に選曲しながら、ポップスのスタンダードなども織り交ぜられた、親しみ易いアルバムになっている。

    なかでも目玉と言えるのが、2曲目のグローバー・ワシントン・Jrの大ヒット・ナンバー「ジャスト・ザ・トゥ・オブ・アス」のカバー。この曲のヒットが81年から82年にかけて、本作の録音が81年ですので、まさにヒットしたてホヤホヤのナンバーを取り入れたと言うことになる。ワルター・ワンダレイがこういったモダンなヒット曲をカバーするのは大変に珍しい。この他にも、5曲目の「Monica」、8曲目の「On My Mind」、11曲目の「Samba Do Aviao(ジェット機のサンバ)」のような強力なオルガン・サンバ・ナンバーもぎっしりと収録。13曲目以降の6曲は、LP盤にも収録されていないボーナス・トラックで、こちらもやはりハモンド・オルガンが縦横に駆け巡るサンバがズラリと並ぶ。パーカッション奏者には、当時のアメリカで凄腕のスタジオ・ミュージシャンとして注目されていた、ペルー出身のアレックス・アクーニャが参加。ソフィスティケイトされた中にも力強いリズムを叩き出している。
    (インフォメーションより)

    • 前の記事へ

      FERNANDO KABUSACKI :アルゼンチン・シーンを代表するギタリスト、カブサッキの最新アルバム&入手困難だったデビュー・アルバムが16年振りに待望の再発!

      LATIN / BRAZIL

      2014.10.17

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【発売/試聴可】■アルゼンチンCD■キケ・シネシ 現代アルゼンチンを代表するギター奏者にして作曲家の2014年もう一つの新譜。美人歌手/作曲家グアダルーペ・ゴメスとのデュオ作品。

      LATIN / BRAZIL

      2014.10.16

    • 一覧へ戻る