ブラジル音楽1800円CD(税抜)!! ブラジリアンミュージック・ラヴ・アフェアー・リイシュー・シリーズ!!

  • LATIN / BRAZIL
  • 新着ニュース

2016.07.18

  • LINE

  • メール
ボサノヴァやサンバ、ジャズ・ボッサなどブラジル音楽の魅力は計り知れないが、メジャー以外のマイナー~インディ・レーベルに残された名盤は未だ CD化もされず手付かずの秘宝状態が続く。そんなEquipeやTape-carなどに残された名盤をリイシューする新企画”ブラジリアン・ミュー ジック・ラヴ・アフェアー”、2016年オリンピック開催の地リオ・デ・ジャネイロからいよいよ始動!
 

第一期 15タイトル
2016年7月20日(水)発売
最新リマスター、日本語解説書き下ろし、オリジナルジャケット使用 / 定価:1,800 +税
ボサノヴァが花開いた1960年代のリオ・デ・ジャネイロ、ジャズ・ボッサがブームとなったサンパウロ、そして独自の音楽文化を育んだミナスなど ブラジル音楽は年代・地域によって様々な表情を魅せる。ミナスのParadiumレーベルはジャズ・ボッサ作品を多くリリースしており、ジャズ・ ボッサの黄金時代をミナスから支えた良質レーベルだ。Tapecarレーベルはエルザ・ソアレス、ホニー&セントラル・ド・ブラジルらサンバ・ ファンク~メロウ・ブラジリアンの名作が並ぶMPBレーベルとして知られ、エウミール・デオダートの原点となったEquipeはジャズ・ボッサ~ ラウンジ系名盤を数多く発表したレーベルとして愛されてきた。Pawalはジャズ・ボッサの前身と言えるサンバランソの作品をリリースする旧き良 き時代のインストゥルメンタル・ボッサ・レーベルで、ジャケットからもブラジルの原風景が伝わってくるだろう。そしてリオのArca Somはマルコス・ヴァーリが長い雲隠れ生活を送る前のラスト・アルバムをリリースしたレーベルとして知られ、ブラジルのシティ・ポップ・レーベルとも言 える洗練されたレーベルだ。ブラジル音楽の発展はインディ・レーベル無しでは成し得なかったほどで、秘宝はまだまだ埋もれたままだ。その埋もれた 秘宝をご紹介する新企画”ブラジリアン・ミュージック・ラヴ・アフェアー”にご期待ください!
  • 前の記事へ

    ブラジルのSSWサウル・バルボーサが1984年に密かに残した“青さ”輝く傑作。全編が哀愁の旋律と仄かな実験性に彩られた1枚。

    LATIN / BRAZIL

    2016.07.18

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    最新のブラジル便が次々に到着NEWS 【再発編】 マルコス・ヴァーリのディスコ期傑作、サンドラ・ヂ・サーの4枚組CD-BOXほか今旬のラインが目白押し!

    LATIN / BRAZIL

    2016.07.15

  • 一覧へ戻る