現代の邦人フラメンコ界でトップを走るフラメンコユニット「フラメンコロイド」のリーダー松村哲志のソロ・アルバムが登場!

  • LATIN / BRAZIL
  • 新着ニュース
  • 2017.11.14

    • LINE

    • メール

    現代の邦人フラメンコ界でトップを走るフラメンコユニット「フラメンコロイド」のリーダー松村哲志のソロ・アルバムが登場!

    スペイン放浪中にトマティートのギターに出会い、大衝撃を受け、本格的にギターを弾き始めて20年。現在はロイドの全国ツアーで多忙な日々を送っているが、過去には高岸弘樹「メロキン」、あべまこと「メロマ」や高橋愛夜「ミ・ボス、ミ・ソニード」のアルバムの制作、編曲、伴奏を担当しており、フラメンコCD制作の何たるかを熟知した上での、今回の自身のソロアルバムの発表である。
    「パルマを日本人にはまかせられない」ことを承知の上で、パルマ、パーカッションをヘレスのヒターノ(ルイス・デ・ぺリキン)に委ね、バタ臭いスペインレベルのアルバムに仕上げている。そのテクニック、作曲センス、オリジナリティは申し分なく、過去に我が国で出された幾多のフラメンコアルバムの中で、最高峰に位置付けできる。ライナーにもある持前の冒険的生き方から、思い出の中に沢山の引き出しを持っているようで、これからも新しいフラメンコを生み出すことだろう。ハレオがパコ・フェルナンデス。
    自信みなぎる「ソレア」、強靭な構成で迫る「ブレリア」、女声を加えた重曹ポップ「グアヒーラ」など、全10曲。


     

    SATOSHI MATSUMURA 松村 哲志『I'M MELONCITO / アイム・メロンシート』

    CD(4) 3,240円(税込)

    ソングリスト

    1. A mis estrellas
    2. Siguiendo mi camino
    3. Cafe Palentino
    4. Agua Correcta
    5. Vivencia
    6. 荒城の月
    7. Cancion de la luna
    8. Palaya del Julio
    9. Tango del cielo
    10. Osito




    ⭐︎松村哲志プロフィール
    神奈川県藤沢市在住。94年、友人の勧めでスペインへ渡り、そのままマドリードに拠点を移す。 当初は、絵を描いて生活。個展を精力的に開催するかたわら、カフェの内装やタトゥーのデザインなどを手がけ生計を立てる。 その後、日銭を稼ぎたいと路上ギタリストを目指し、 25才でギターを独学で学び始め、1、2曲弾けるようになるとギターを持って町へ。 以後、ストリートミュージシャンとして糊口をしのぐ放浪生活を数年間続ける。 そんな中、96年に初めてトマティートの演奏を聴き、強烈な音色に強い衝撃を受ける。 この時からフラメンコのコアな世界に出入りし始め、見よう見まねの独学でフラメンコを模索し、現地のミュージシャンとの交流を深める。 98年、初アルバム「Pizarro 15」をスペインでリリース。マドリッドのラジオに出演を果たす。 99年、約5年間のスペイン生活を経て帰国。 2001年、日本フラメンコ協会新人公演ギター・ソロ部門受賞。 2004年、オムニバスアルバム「日本フラメンコ界を彩る精鋭達、10colores」(発売元:アクースティカ)に2曲参加。 2009年歌い手とのアルバム「メロキン」をリリース。 2010年歌い手あべまこととのアルバム「メロマ」をリリース。STB139で発売ライブを行う。 2013年歌い手高橋愛夜とのアルバム「 Mi Voz, Mi Sonido」をリリース。STB139で発売ライブを行う。 2017年9月25日には初のソロアルバムをスペイン、ヘレスの名門出身のアーティストであるルイス•デ•ペリキンの全面協力を得て「I'm Meloncito」をリリース。 2011年、歌い手の高橋愛夜、あべまことを率いてユニット「フラメンコロイド」を結成。 2012年、NHK BS-1「地球テレビ エルムンド」に4日間に渡り出演。 2014年からはモーションブルー横浜を皮切りに毎年全国ツアーを重ねながら、独自の音楽発信を続けている。また、近年では、スペイン以外にアジア諸国でも活動の場を広げている。 現在は、フラメンコロイドでの演奏活動を軸に、様々なジャンルのミュージシャンとの共演やレコーディングを重ね、ソロギタリストとしても活動している。 また、FMおだわらのラジオ番組「フラメンコロイドムーチョ」のパーソナリティとしても活躍中の他、中野スペースリンクの「シティオ塾」で講師を務めている。 *主な共演アーティスト Paco Fernandez、Antonio Villar、沖仁、 Luis de Perikin、荘村清志、Manolo Marin、 Andres Pena、Juan Villar Jr 他…

    ・主な紹介誌
    10月1日発売 月刊【Latina】
    10月20日発売【MUSIC MAGAGINE 11月号】
    10月23日発売【現代ギター 11月号】 
    10月27日発売【アコースティックギター・マガジン vol.74 12月号】
    11月20日発売 【パセオフラメンコ 12月号】 掲載予定

    11月6日(月)~9日(木) 19:45~19:55
    ナビゲーター:[ソトコト] 統括編集長 小黒一三
    J-WAVA(81.3) 『LOHAS TALK』に松村 哲志本人が出演。
    放送レビュー
    http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/
    放送の録音
    http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/171106_matumura_pod.mp3
    • 前の記事へ

      いよいよ!エディットの魔術師にして、トロピカル・ミュージック・リバイバルの立役者が北欧から来日! RICKARD MASIP (TROPICAL TREATS / SOFRITO / SOUNDWAY) JAPAN TOUR 2017

      LATIN / BRAZIL

      2017.11.16

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【発売】 驚愕!! 1965年、あのミルトン・ナシメントがソロ・デビュー前に吹き込んだ、知る人ぞ知る逸品が世界初復刻!

      LATIN / BRAZIL

      2017.11.09

    • 一覧へ戻る