ネオ・フォルクローレを代表するピアニスト/作編曲家、カルロス・アギーレ。6年ぶりの新作をリリース。さらには通称「ロホ」「ヴィオレッタ」も再発決定!

  • LATIN / BRAZIL
  • 新着ニュース
  • 2017.12.17

    • LINE

    • メール



    CARLOS AGUIRRE カルロス・アギーレ

    CALMA / カルマ

    【ネオ・フォルクローレ最高のSSW、カルロス・アギーレ2017年新譜!】

    CD(4) 2,700円(税込) 12/17発売!

    2012年2月にリリースされた『オリジャニア』から約6年、待ちに待ったカルロス・アギーレの新作はトリオ名義。

    アギーレがピアニストとして表現しうる全てを込めた、ジスモンチやECMにつながる繊細で思索的な音世界と、カルロスらしい優しく穏やか、時に叙情的な旋律が印象的な作品。全7曲で収録時間72分に及ぶ、カルロス・アギーレ(p)とフェルナンド・シルヴァ(b)、そしてルチアーノ・クヴィエージョ(ds)による、音の宇宙。カルロスの音楽的盟友として数々のプロジェクトを支えるシルヴァのペースと、ルス・デ・アグアの最新作にも参加するドラマー、クヴィエ一ジョのドラムは、どちらもアギーレの奏でるメロディーの魅力を最大限に活かすべく、少ない音数でどこまでも織細な響きを追求している。2013年のトリオ結成から多くのセッションを経て完成した、このトリオでしか生まれ得なかったアルバム。

    #1 「De tu lado dei marJはポルトガルのピアニスト、マリオ・ラジーニャに捧げされた曲。冒頭の単音弾きは穏やかな波打ち際の情景にも、大西洋の向こうに住む友人へのメッセージのようにも聴こえてくる。#3 「HiroshLは、初来日以降アギーレが「もう1つの家族」と呼ぷ日本の友人たちに捧げられた曲で、初出は2011年にリリースされたコンピレーション『パー・ブエノスアイレス~カルロス・アギーレに捧ぐ』。#4「Kalimba」は昨年の共演も話題になったエギベルト・ジスモンチのECM~CARMOレーベルでの諸作を思わせる。しかし中盤でのメロディアスな展開はやはりアギーレならではのもので、このアルバムの八イライトの1つと言える。#7は唯―ゲスト・ミュージシャンを招いている。シンセサイザーにモノ・フォンタナ、ヴォーカルとしてルス・デ・アグアのクラウディオ・ボルサーニと、マルセロ・ペテッタがクレジットされており、カルロス・アギーレ・グルーポの新音源と言われたら信じてしまいそうな秀逸な楽曲。

    ■ 3面デジパック+ダブル・ブックレット仕様

    ○ 2018年カルロス・アギーレ来日!来日公演情報はこちら http://www.inpartmaint.com/site/21879/







    ★2018年1月には『ロホ』『ヴィオレッタ』も国内盤として再発決定!予約受付中です。


    • 前の記事へ

      ■SALSA / LATIN POP / LATIN SOUL / CHICANO / LATIN JAZZ / CUBA 部門■ ディスクユニオン ラテン・ブラジル・ワールドが選ぶ年間ベスト・アルバム大賞2017

      LATIN / BRAZIL

      2017.12.19

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      ■ARGENTINA / URUGUAY / CHILE 部門■ ディスクユニオン ラテン・ブラジル・ワールドが選ぶ年間ベスト・アルバム大賞2017

      LATIN / BRAZIL

      2017.12.15

    • 一覧へ戻る