12月上旬 充実極まる最新アルゼンチン音楽CDをまとめて紹介NEWS! 年間ベスト級のパトリシオ・ピエトレク、ルカス・エレディア、圧倒的な才能を見せるルイス・グレヴィッチ新譜から、リト・ネビア新譜、ジャズロック名盤復刻作まで

  • LATIN / BRAZIL
  • 新着ニュース
  • 2017.12.09

    • LINE

    • メール
    **** 充実極まる最新アルゼンチン音楽CDをまとめて紹介NEWS ****

    新宿ラテンブラジル館やお茶の水JazzTOKYOなどディスクユニオンのブラジル新譜取扱店舗にて販売いたします。
    * 実際の在庫は各店にお問い合わせください。
    ** 店舗一覧はこちらから。 http://diskunion.net/st/shop/



    2017年12月にカルロス・アギーレ、そしてクリバスが新譜をリリースすることが発表され、ファンにとっては良作ばかりで嬉しい悲鳴のアルゼンチン音楽。というわけで、じっくり選んでもらうためにも11月下旬からの注目作品をこちらでまとめてみました! まずは国内盤としてリリースされたばかりの2枚をご紹介!

    アカ・セカ・トリオが登場したときを思わせる圧倒的才能、パトリシオ・ピエトレクのソロ・デビュー作。アルゼンチンに居ながらにしてブラジル音楽に傾倒したキャリアを送ってきた新進気鋭のプレイヤーだそうです。冒頭から最高すぎて思わず涙してしまいました。これは今年のベスト・アルバムの1枚となるでしょう。

    「ロー・ボルジェスのような浮遊感と、フアン・キンテーロとスピネッタを足したようなメロディ・ライン」として絶賛されたSSW、ルカス・エレディアの最新作も到着!敬愛する人と自然に捧げた珠玉の13曲ということでインティメイトな雰囲気がありつつも、繊細かつ透徹した美意識が反映されたアンサンブルが見事すぎます。

    ロス・アミーゴス・デル・チャンゴでもプロデューサーなどを務めるルイス・グレヴィッチが10人編成コンボで録音した大作!ストックホルムで現地のミュージシャンを交えつつ録音したという本作。アルゼンチン・フォルクローレのエッセンスと北欧の空気が融合した素晴らしい作品です!

    シルヴィア・ペレス・クルースを思わせる力強さとロリ・モリーナを思わせるコケティッシュな魅力をあわせもつ稀有なヴォイスを聴かせるチリの若手女性シンガー、ニコル・ブノーの2014年作も初入荷!デジパックを開くと可愛らしいイラスト、そして半透明紙を使用したブックレットなど手にとって楽しい魅力もたくさんです!

    注目のバンドネオン奏者、マルティン・スエによる待望のソロ作も入荷。移ろいゆく音色、そして残響に至るまでの一音一音を端正に紡いでいくような内容。ゲストにはモノ・フォンタナ、リリアナ・エレーロ、シルヴィア・イリオンド、そしてブラジルからヤマンドゥ・コスタが参加。

    ブエノス・アイレス出身のフォルクローレの作曲家/シンガー、アビ・ゴンサレスが自身のグループを率いリリースした2015年作が待望の初入荷。その楽曲、アンサンブルの素晴らしさはもちろん、古典的な発声方法をおさえつつもモダンな香り漂うアビのヴォーカリーズが絶品。この人もとんでもない才能です!

    アルゼンチンのジャズ・ロック~フュージョンを代表するギタリスト、リト・エプメールのカルテットにも所属する才気あふれる鍵盤奏者フリアン・アモス・ガンベルグの初ソロ作も注目!現代ジャズを思わせるタイトで少しヨレたグルーヴ、そしてスピネッタ直系ともいえる独特の色香が同居した現代アルゼンチン・ジャズの傑作。

    ブラジルやアルゼンチンの多くのCDジャケットを手掛けるマリア・ビルバのアートワークも美しい、こちらの作品も到着!ブエノス・アイレスの程近くサン・ミゲルで活動するフォルクローレ・グループ、アグアヴァの2014年作品、アルゼンチン中西部サン・マルティン・デ・ロス・アンデスを拠点に2012年から活動するラウラ & パブロ・デュオによる2017年作品。どちらも洗練されたフォルローレを聴かせる素晴らしい作品です!

    キケ・シネシとのデュオ作でも話題となったコルドバの女性SSWグアダルペ・ゴメス待望の新作も入荷。古典的なフォルクローレのリズムをベースとしつつも、そこからは一歩も二歩も進化した感のあるモダンなアレンジが実に素晴らしい! 弦楽四重奏を交えながらドラマチックにつづっていく#8は必聴です。

    アルゼンチン・ロックのレジェンド、リト・ネビアのロック回帰アルバムも入荷!ジャケ、内容ともに文句なしの王道感。そしてスピネッタ、チャーリー・ガルシアとならぶアルゼンチン・ロック三大偉人の一人、フィト・パエスの2017新作も!衝撃?のジャケットもさすがです!

    復刻モノではアルゼンチンを代表するピアニスト、ホルヘ・ナヴァロが1977年に残したジャズファンク的名盤を推薦! フェンダー/ハモンドのエレクトリック、スタンウェイの生ピアノ、ゴングなどを使い分けつつUKジャズにも通ずる洒脱なジャズ・ロックを聴かせる70'Sアルゼンチン屈指の名盤。

    そしてこのあたりも再入荷しました!


    それ以外にも在庫数僅少ながら大物、注目新人などの作品が続々入荷してきています。詳しくはリンクからチェック!

    • 前の記事へ

      ■RE-ISSUE / COMPILATIONS / MIX(CD) 部門■ ディスクユニオン ラテン・ブラジル・ワールドが選ぶ年間ベスト・アルバム大賞2017

      LATIN / BRAZIL

      2017.12.09

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【発売】 ジョビン生誕90周年記念作品。パウロ・ジョビン&マリオ・アヂネーの2人がオーケストラ+ゲストを迎え録音した「ボサノヴァだけではないジョビン」の決定盤的一枚!

      LATIN / BRAZIL

      2017.12.09

    • 一覧へ戻る