8/10(木) から最新のブラジル新譜を販売開始! 驚愕のナラ・レオン未発表音源CD-BOXをはじめ注目作多数!

  • LATIN / BRAZIL
  • 新着ニュース
  • 2018.08.09

    2018.08.09

    **** 8/10(木) から最新のブラジル新譜を販売開始! ****

    新宿ラテンブラジル館やお茶の水JazzTOKYOなどディスクユニオンのブラジル新譜取扱店舗にて販売いたします。
    * 実際の在庫は各店にお問い合わせください。
    ** 店舗一覧はこちらから。 http://diskunion.net/st/shop/

    *ブラジルでリリースされたばかりの新作を聴きながら楽しくお酒を飲む「ブラジル新譜試聴会」 @BarBlenblenblen もチェックお願いします! http://diskunion.net/latin/ct/news/article/2/60337


    まずは今年一番の話題作となったナラ・レオンの未発表音源4CD-BOX! 彼女の作品はすべてアルバムとしてリリースされているかと思われていましたが、実はそのディスコグラフィの中にはライブ盤というものがなく、この度、60年代から80年代にかけてのライブやTV番組などの音源の中から選ばれたものをマスタリング、遺族の承認を経てCDリリースの運びとなったようです。 全世界で500セットしかプレスされていないとのことです。お早めにどうぞ。

    こちらも待望! サンバ・カリオカを代表する大御所モアシール・ルス、新作はビスコイト・フィーノからのリリース。 モアシールの60歳を記念してのアルバムとのことで、プレチーニョ・ダ・セヒーニャ、マルチーニョ・ダ・ヴィラ、テレーザ・クリスチーナ、ジョルジ・アラガォン、ゼリア・ドゥンカン、フレッヂ・カマーチョ、ファギネルといったゲスト歌手と共作。モアシールのこれまでとこれからの展望が垣間見える力作になっています!

    ミナス新世代注目作品! ミナスきっての鬼才シンガー・ソングライター、ハファエル・マセードが自身のグループ「プランド・オ・ヴィトロー」を率いて待望の2NDアルバムをリリース。ブラス・アンサンブルを配した精緻なサウンドはハファエル・マルチニ・セクステット 『スイチ・オニリカ』 を思わせるが、リオのチアゴ・アムヂやエドゥ・ネイプといったギンガ一派にも通ずる混沌もあり。 異型のブラス・ジャズロックといった感じで、はっきりいって凄い作品です。

    ミナスはもう1タイトル。 伝説的創作打楽器集団 ウアクチ の一員だったパウロ・サントスがディレクターを務める作品がリリース。ガラスのマリンバ、そしてシロフォンの打鍵楽器を中心に、マラカトゥやコンガーダ・ミネイロ、フォホー、サンバ・ヘギといったブラジル各地の伝統リズムを演奏。ガラスの透明感とシロフォンの温もりある音色がどこかエキゾな無国籍感を創出し、聴くものを桃源郷にいざないます。

    バイーア出身のシンガー・ソングライター、ホネイ・ジョルジも新作をリリース。プロデュースにカエターノ・バンドのギタリストとしても有名なペドロ・サーを迎え、リオ新世代らしい遊び心に溢れたエクスペリメンタル・ポップと無骨なバンド・サウンドに、本作の特徴でもある華美な女性コーラスが彩りを加えます。

    現代MPBの最重要女性シンガーとなりつつあるイアラ・ヘンノの新作は子供向けテレビ番組のために作った楽曲集。実験精神が迸っていた前作に比べ、子供の歌声やスティールパンも交え親しみやすい内容だが、曲が進むにつれ、ぎらぎらとしたギターや不穏なハーモニーが増え、ほのぼのとしたなかにもキラリと光る言葉選びのセンスにハッとさせられます。ブラジルの子供向け音楽は大人が聴いても楽しめる作品が多いですが、本作もまさにそんな一枚ですね!

    1985年生まれながら、すでにブラジル国内外で高い評価を獲得するピアニスト、ヂオゴ・モンソのピアノ・ソロ作品も素晴らしい! 今回はブラジル音楽の歴史を辿るような内容で、ジョアン・ヂ・バーホからピシンギーニャ、ノエル・ホーザまでをピアノで披露。繊細かつ力強い打鍵で躍動するピアノ・ソロの新たなマスターピースです。

    ベレンの好レーベル 「NA MUSIC」 からも新譜3タイトルが到着。オススメはマルセロ・シロテアウとジョルジ・アンドラーヂという二人の男性シンガー・ソングライターの作品を、カリーナ・ニンニ、シモーニ・ギマラエス、ペドリーニョ・カヴァレーロ、アンドレア・ピニェイロ、エーリオ・フーベンス、パトリシア・ハベーロといったゲスト・ヴォーカルが歌う好MPB作品。軽快なサンバ#1から実に素晴らしいです。

    ジャズ~インストも充実! ブラジルのトランペッター、ギリェルミ・ヂアス・ゴメスの通算7枚目となるアルバムはベテランらしい力強さ、伝統の重みを感じさせる一枚。そしてペルー出身のギタリスト、レンソ・ペラレス率いるジャズ・クインテット、RPプロジェクトのデビュー作は現代ブラジリアン・ジャズの注目人物が集う作品。ともに良作です。

    それ以外も注目作多数です。リンク先で試聴できるようにリンクなど整備していますので、気になるアイテムは是非チェックを!

    • 前の記事へ

      【来日公演情報】ピーター・マーティン & ホメロ・ルバンボ・デュオ

      LATIN / BRAZIL

      2018.08.14

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      チケットお取り扱い開始♪ クン・ナリンズ・エレクトリック・ピン・バンド、ROVO、stillichimiya、MONAURAL MINI PLUG、Soi48も! 爆音映画祭2019: タイ/イサーンVOL.3 プレイヴェント ~ピン・プラユック・スペシャル~』

      LATIN / BRAZIL

      2018.08.06

    • 一覧へ戻る