【予約&来日】 フロレンシア・ルイス JAPAN TOUR 2018

  • LATIN / BRAZIL
  • 新着ニュース
  • 2018.10.02

    • LINE

    • メール

    昨年も日本を沸かせたフロレンシア・ルイスfromアルゼンチンが新作を発表!

    傑作『パルテ』をさらに進化させた空前の名作誕生。前作から引き続き参加のモノ・フォンタナに加え、エレクトロ・アーティスト、盟友セバ・ランドロも加わった奇跡のトライアングル。


    FLORENCIA RUIZ / フロレンシア・ルイス / ルミアンテ

    FLORENCIA RUIZ フロレンシア・ルイス
    ルミアンテ


    ■前作『パルテ』に続いて、映像的なサウンド作りで群を抜くキーボード/ピアノ奏者モノ・フォンタナが今回も参加。さらに、初期のフロレンシア・ルイスのサウンドを決定づける程重要な存在であったエレクトロ・アーティストのセバ・ランドロも参加。1曲だけ3人による演奏で、残りの曲はフロレンシアとのデュオ。フロレンシアのエコー感あるエレクトリック・ギターと、二人の様々なエレクトリック・インストゥルメントによる邂逅は、ミニマム感はありつつも静かなダイナミズムに満ちている。そしてエフェクティブなサウンドの中に照射させた、フロレンシアの深く澄みきった声は圧倒的。

    ■タイトル「RUMIANTE」とは反芻動物のこと。常に何かを繰り返し考え、思考と感情の機械のように歌いながら反芻し、空宙を漂う音と言葉をかみしめ、何度も反芻して解き放つフロレンシア・ルイス自身のことを指している。

    ■2008年、2011年、2014年~2017年と毎年のように来日して(2015年来日時の対バンは「森は生きている」、2017年はフジロック・フェスにも出演)常に大反響を呼びファンを増やし続けているフロレンシア・ルイス。ワールド系ファンだけでなく、ここ数年はむしろ日本の若いインディー・ロック系ファンやアーティストからの支持が高く(今年のツアーではmarucoporoporoとも共演)、また一部のコンテンポラリー・ジャズ・シーンとも共鳴しているサウンドでもあり、今再びアーティストとしての頂点を迎えている。


    《フロレンシア・ルイス with Friends JAPAN TOUR 2018》
    詳細はこちら→http://bsas.blog115.fc2.com/blog-entry-1922.html

    10/3(水)岐阜・美濃DiAngelo (with松田美緒、古田大地)
    10/4(木)京都・Modern Times (with松田美緒、鶴来正基)
    10/5(金)名古屋・TOKUZO (withNARCO+古池寿浩 他)
    10/7(日)大阪・CHOVE CHUVA (with松田美緒)
    10/9(火)香川大学オリーブスクエア2F多目的ホール~レクチャー+ライヴ

    (香川大学准教授 川端美都子 / フロレンシア・ルイス)
    10/11(日)徳島・bar txalaparta (withヤヒロトモヒロ)
    10/12(月)広島・PICO (withヤヒロトモヒロ)

    10/19(金)上尾・プラス・イレブン(withザ・ヴィンマッシュ)
    10/20(土)秋葉原・club GOODMAN(withザ・ヴィンマッシュ)

    10/21(日)本八幡・cooljojo jazz+art(with鬼怒無月)

    10/23(火)北海道 旭川(予定) (withヤヒロトモヒロ)
    10/24(水)北海道 名寄・きたすばる (withヤヒロトモヒロ)
    10/25(木)北海道 札幌・JAMUSICA(withヤヒロトモヒロ)

    10/26(金)東京 池上・養源寺 (marucoporoporo、Heidi)
    OPEN 19:00/START 19:30 (ADV 2,500円 DOOR 3,000円)
    ご予約→marucoporoporo@gmail.com

     

    • 前の記事へ

      「ポルトガルのスフィアン・スティーブンス」 とも呼ばれる鬼才 ブルーノ・ペルナーダスが来日!

      LATIN / BRAZIL

      2018.10.03

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【発売】 完全限定盤。カルロス・アギーレの名作が極少量再プレス。

      LATIN / BRAZIL

      2018.10.02

    • 一覧へ戻る