【発売】 CHEE SHIMIZU監修!リト・ネビアのコンピLPが登場!

  • LATIN / BRAZIL
  • 新着ニュース
  • 2018.10.09

    • LINE

    • メール
    10/10(水)発売。

    CHEE SHIMIZU (ORGANIC MUSIC) 監修! 隆盛を極めるアルゼンチン・ミュージック・シーン、その礎を築いた偉人 リト・ネビア。 初アナログ化6曲を含むコンピレーションLPが World's Trees から登場!!




    CANCIONES FAVORITAS / カンシオーネス・ファボリータス

    LITTO NEBBIA リト・ネビア


    World’s Trees / LP / 3,500円(税込)

    1966年にバンド Los Gatos でデビュー以降長きにわたり第一線で活躍を続け、その哀愁に満ちた独特の歌声とメロディ・センスは Luis Alberto Spinetta、Charly Garcia とともにアルゼンチンの音楽シーンへ多大な影響を与えた、偉大なるシンガー・ソングライター、Litto Nebbia の日本初となるコンピレーション・アルバム。70年代初期のフォーク・ロックからサイケデリック・ロック、プログレッシヴ・ロックを経て、ブラジルやウルグアイのビッグ・アーティストたちとの共演によるクロスオーヴァーなワールド・ミュージック、ポップスやアコースティック・サウンドまで、40年以上にも及ぶ長い軌跡とともに変遷するさまざまなスタイルの楽曲群から抜粋した初アナログ化6曲を含む10曲入りLPヴァージョン。

    自身で主宰するレーベル「Melopea」は、自身の作品だけでなくドミンゴ・クーラやウーゴ・ファトルーソ、キケ・シネシを擁したアルフォンブラ・マジカ、アルゼンチン音響派の代表格モノ・フォンタナを輩出するなど、現在注目を集めるアルゼンチンのフォークロア×ロック、ジャズといった試みを早くから行ってきた鬼才。いま改めてその軌跡を辿ることは、アルゼンチン音楽の歩みを辿ることでもある。レアグルーヴ、辺境ジャズ、バレアリックなどのDJ諸氏はもちろんのこと、南米音楽ファンも必携の歴史的なコンピレーションである。




    選曲/監修:CHEE SHIMIZU
    ◆ORGANIC MUSIC、17853 Records主宰
    ◆obscure sound【オブスキュア・サウンド】 桃源郷的音盤640選(リットーミュージック) 筆者

    ■ こちらは2017年に先立ってリリースされた2枚組CD