[発売] アフロ・ブラジリアン・パーカッションとヴィブラフォンが織りなす、クールでスピリチュアルなブラジリアン・ジャズの注目作品がリリース決定♪

  • LATIN / BRAZIL
  • 新着ニュース
  • 2019.09.03

    • LINE

    • メール
    アフロ・ブラジリアン・パーカッションとヴィブラフォンが織りなすクールでスピリチュアルなアンサンブル。涼やかでありながら、しなやかな生命力が躍動する異型のブラジリアン・ジャズ注目作品がリリース。





    アフロ系パーカッション=アタバキのアンサンブルを従えた、ブラジルのヴィブラフォン奏者 <ヒカルド・ヴァルヴェルヂ> のジャズ作品が日本限定でCDリリース決定。
    話題となったロウレンソ・ヘベッチス『オ・コルポ・ヂ・デントロ』(THCD-425)にも通ずる作品だが、本作が決定的に違うのは、ときにスピリチュアルとでも形容したい、その内省的な世界観だろう。アフロ・ブラジリアン・パーカッションの沸き立つようなエネルギーを、あくまでクールに追求することにより、涼やかでありながらしなやかな生命力のみなぎる作品に仕上がっている。
    アフロ・ブラジル音楽とギル・エヴァンス的なアレンジを融合させた作品として再評価の高まるカエターノ・ヴェローゾの傑作『リーヴロ』、さらには異型のパーカッション・アンサンブルでいまだ絶大的な人気を誇るマックス・ローチらによるストラタ・イースト名盤『M'BOOM』にも通ずるエネルギー、そしてカル・ジェイダーやジョージ・シアリングにも通ずるクールの快感が融合した、他に類を見ないブラジリアン・ジャズの大傑作だ。

    ■ライナーノーツ : 山本勇樹 (Quiet Corner)
    ■パーソネル : ヒカルド・ヴァルヴェルヂ (vibrafone), シルヴィア・ゴエス (Piano), マルコス・パイーヴァ (Bass), レアンドロ・ペレス, ムカンビラ, サンバ・サン (Atabaque) ほかゲスト
    • 前の記事へ

      [CD発売] ポスト・クルビ・ダ・エスキーナの最高峰! エヂソン・ナターリ『ニナ・マイカ (1990) 』が初のCD/LP復刻。

      LATIN / BRAZIL

      2019.09.04

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      【セール】 WEB限定 夏の終わりのオールジャンルTシャツセール!

      LATIN / BRAZIL

      2019.09.02

    • 一覧へ戻る