これはまるでレバノンのクルビ・ダ・エスキーナ! HABIBI FUNK の記念すべき第10作目は超ド級の一枚!

  • LATIN / BRAZIL
  • 新着ニュース
  • 2019.12.02

    • LINE

    • メール
    これはまるでレバノンのクルビ・ダ・エスキーナ! アラブ / 中東のオブスキュア・ファンク・リイシュー・レーベル HABIBI FUNK の第10弾!!


    前回のリリース時に「あれ、規格番号がひとつ抜けている…」と思われた方、お待たせしました! 諸事情でリリースが遅れていたであろう記念すべき第10作目がめでたくリリース決定です。今回はレバノンを代表するバンド、Ferkat Al Ard のメイン作曲家であり歌手であったという Issam Hajali が 1977 年に残した幻のアルバム 『Mouasalat Ila Jacad El Ard』を復刻! Ferkat Al Ard のアルバム『Oghneya』はレバノン版ヴェロカイ的レアグルーヴとして世界中のコレクターが血眼になって探す (一説には 5,000 USD 以上で取引されているという噂も) 一枚ですが、本作は Issam Hajali がバンド結成以前の1977年に録音した作品で、100枚ほどしか現存していないと言われている超レア盤。特筆すべきはその内容で、こちらはレバノンのクルビ・ダ・エスキーナか? と、思わず形容せずにはいられない、フォーク、サイケ、そして当時の音楽的トレンドがないまぜになった、唯一無二にして濃密な音楽的エレメントがきらめく一枚。近年最大の発見と言っていいのではないでしょうか!!!!!

    • 前の記事へ

      ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブなどキューバ系ラテン/ラテンジャズが限定セール価格で販売中

      LATIN / BRAZIL

      2019.12.03

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      12/9(月) - 13(金) 今週の新入荷まとめNEWS

      LATIN / BRAZIL

      2019.12.01

    • 一覧へ戻る