TAMBA 4 が A&M に残した未発表アルバム「CALIFORNIA SOUL」が RSD BLACK FRIDAY 2019 に登場!

  • LATIN / BRAZIL
  • 新着ニュース
  • 2019.12.01

    • LINE

    • メール
    2019年のBLACK FRIDAYは、11月29日(金) 店舗開店時より販売開始となります。
    オンラインショップでの販売は、12月6日(金)0:00からとなります。
    店舗、WEB共にご予約いただけません。
    店頭でのお取り置きは11月30日(土)より受付可能です。




    これは快挙。1960年代。本国ブラジルのみならずアメリカのジャズ・シーンでも活躍した伝説的ジャズボサ・グループTAMBA 4。ピアノトリオ編成でのブラジルPHILIPS期を経てアメリカに渡り、当時栄華を誇っていた名門レーベルCTI/A&Mからのアルバム・リリースで一躍スターダムにのし上がった。洗練されたピアノとファンキーなリズムセクションの妙が如何なく発揮された、まさに黄金期と呼べる時期の未発表音源が、今回のRSD BLACK FRIDAY 2019で遂にベールを脱ぐ。しかもこの音源、熱心なボサノヴァ・レコード・コレクターの間では長く語り草にもなっていた音源で、レコーディング終了後にCTI名プロデューサー、クリード・テイラーから発売ストップがかかってしまった幻のカタログとも言われるいわく付き。仮にそれが事実だとすれば完全なる未発表アルバム、そしてCTI幻の型番という大変なニュースとなるであろう。表題曲でもある「CALIFORNIA SOUL」は当時唯一シングル・カットされたレアEPであり、今も衰えることのない人気を誇り続ける永遠のキラーチューン。この一曲だけでもすでに快挙と言える復刻であろう。レコーディングはもちろん伝説のエンジニア、ルディ・ヴァンゲルダーが担当。全世界1440枚限定プレス。180g重量盤でのリリース予定。


    実物解説!

    表ジャケット! 写真はもちろんピート・ターナーです。


    裏ジャケット。当時のタンバ4の面々の写真もイイ感じです。


    Resonance レーベルのプロデューサーであるゼヴ・フェルドマン、そしてDJであり多くのブラジル音楽名盤再発を手掛けるグレッグ・カズによるライナーノーツ付。


    ラベル。フォントもA&Mと同じものを使用しています。




    肝心のサウンドについてですが...、これがまた本当に素晴らしい!
    タンバがA&Mに残した他の2枚のアルバムと遜色なく、これがなぜ未発表? と思わずにはいられないクオリティです。

    これはボサノヴァ・ファンのみならずジャズ・ファン、A&M/CTIレーベル・ファンにも絶対に手に入れてもらいたい逸品です!
    • 前の記事へ

      これはまるでレバノンのクルビ・ダ・エスキーナ! HABIBI FUNK の記念すべき第10作目は超ド級の一枚!

      LATIN / BRAZIL

      2019.12.02

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      [発売] 11/30 (土) より最新のアルゼンチン新譜を発売開始!

      LATIN / BRAZIL

      2019.11.29

    • 一覧へ戻る