[発売] 注目レーベル "オクラ印" に ンクンバ・システムが登場!

  • LATIN / BRAZIL
  • 新着ニュース

2021.02.04

  • LINE

  • メール


昨年末にリリースしたデビューLP『¡Bailalo Duro!』が話題のラテン・アフロビート・バンド。元ロンペラージョのギタリスト、ギロ・クロス率いるンクンバ・システムがオクラ印に登場です。両面ともアルバム『¡Bailalo Duro!』未収録、まったく別のセッションの楽曲です。
NKUMBA SYSTEM / ンクンバ・システム / AMANECER DESPIERTAME / EL REY Y EL PEON

AMANECER DESPIERTAME / EL REY Y EL PEON

NKUMBA SYSTEM ンクンバ・システム

元ロンペラージョのギタリスト、ギロ・クロス率いるンクンバ・システムがオクラ印に登場!2曲ともアルバム未収曲です。

オクラ印 / JPN / 7"(レコード) / OKRA306 / 1008254068 / 2021年02月05日

  • LATIN / BRAZIL
  • 試聴可能
  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

1,650円(税込)

  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!



ロンペラージョ以前には、カメルーン・ミュージック界の大ベテラン、ママ・オハンジャのバンドのギタリストとしてカメルーンで活動していたというギロ・クロス。そんな流浪のフランス人ギタリストが、同じくロンペラージョのベーシストだったジョン・ソチャらコロンビア人ミュージシャンたちとボゴタで練り上げたサウンドは、過去のアフロラテン音楽とは一線を画す、ヴィンテージ・トロピカル・ミュージック・リヴァイヴァル以降のアフロとラテンのハイブリッド・グルーヴ。カメルーンやコロンビアの伝統的なリズムを下敷きにしながらも、アフロビートやチャンペータ、サイケデリックなタッチも取り込んだありそうでなかった強烈なダンス・サウンドです。

A面「Amanacer Despiértame」は、コロンビアの伝統リズム”ラスパ”をアフロビート・スタイルで仕上げたンクンバ・システムの真骨頂とも言える曲。ワウをかましたファンキー&サイケデリックなギター、動きまくるファットなベースライン、キャッチーなコーラス、そしてデスカルガちっくなブリッジ・パート! これで踊れなきゃ嘘でしょ!?

そしてギロ・クロスの自信作、B面の「El Rey Y El Peón」がすごい! カメルーン音楽の代表的なリズムである”ビクツィ”をベースに、サイケデリック・フィーリングなラテン・ファンク・タッチで幕を開け、キレッキレのギターのブリッジを挟んで後半はチャンペータ的なパートへと突入。ネバりとクセの強いアフリカ系ハチロクのリズム上でのこの踊れるグルーヴは驚異的! そして開放感ある展開がたまらない!



▼ ンクンバ・システムの昨年リリース作品も要チェック!


▼ オクラ印のその他タイトルはこちら!全て即戦力アイテムです。
  • 前の記事へ

    【入荷】 2/5(金)より最新のブラジル新譜を発売開始!

    LATIN / BRAZIL

    2021.02.04

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    [入荷] アジムスの名作群に比肩する奇跡の一枚! 名手マルコス・ヘゼンヂが残していた未発表音源が復刻!

    LATIN / BRAZIL

    2021.02.04

  • 一覧へ戻る