#KingButch

BUTCHER BROWN ブッチャー・ブラウン

うた 、ビート、ライム、グルーヴのミックスでジャズ ヒップホップの未来を予言する大注目の5人組バンド、ブッチャー・ブラウンがついにメジャー・デビュー!

  • CD
  • 新品在庫取寄せ
  • (5日~3週間後に発送)

2,200円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
CONCORD
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
7216635
通販番号
1008179818
発売日
2020年09月18日
EAN
0888072166356
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

※ペーパースリーブ
ヴァージニア州、リッチモンドを拠点に活動する”うた 、ビート、ライム、グルーヴのミックスでジャズ ヒップホップの未来を予言する大注目の5人組バンド、ブッチャー・ブラウンがついにメジャー・デビュー!


ミュージシャンからも絶賛の嵐! ブッチャー・ブラウンは一世代に唯一のバンドだ。もしジミ・ヘンドリックスのバンド・オブ・ジプシーズがビギー・スモールズ、ディアンジェロ、J.ディラを聴き、ジョン・コルトレーンと同席していたとしたら、と想像してみてください。このユニットの各プレイヤーは名キラーであり、このバンドは我々の時代の最も偉大なバンドの一つになるでしょう。私の言葉を覚えておいてください。―クリスチャン・スコット・アトゥンデ・アジュアー

同年代の多くが、ヒップになろうとして変拍子を演奏し、 "1"を曖昧にしようとしている時代に、ブッチャー・ブラウンは流行に流されないソウルフルでファンキーなスタイル貫いている。 ―ニコラス・ペイトン

このバンドは、みんなで一緒に演奏しているところが大好き。彼らの音楽から仲間意識が本当に聴こえてくるのだ。 ―チャーリー・ハンター

ブッチャー・ブラウンは、今シーンで本当にエキサイティングなグループの一つだ。一緒にツアーをしたけど、彼らは毎晩素晴らしいサウンドを聴かせてくれたよ。 ―カマシ・ワシントン

◆2013年に EP『Backtracks』でデビュー、その後も地元を中心に精力的に活動を続け本作は通算8作目のアルバムで現代的なヒップホップ、70年代のフュージョン、60年代のジャズとファンク、そしてサザン・ロックやマーチングバンド・ミュージックのエコーまでもが融合したアルバム。ジャンル、世代、民族、地域の垣根を越えたパワフルで独創的な作品に仕上がっている。

◆曲の多くは、カマシ・ワシントン、ギャラクティック、タークァーズ、レタスなどのジャズ、ファンク、ジャムバンドの人気者たちとステージを共有した多忙なここ2年間の間に、ツアーで生まれたものだそう。"私たちは2017年から2019年のほとんどの期間、非常に多くのツアーを行いました。私たちはこの素材の多くに取り組んでいて、オープンリハーサルのように毎晩作業し、セットリストを開発し、スタジオに入ると自然に感じられるようになるまでこれらの曲を研ぎ澄ましていました。" とドラム担当のコーリー・フォンヴィルはコメント。

◆ジャケット・カヴァーのアートは、1977年に発表されたウェザー・リポートの名作『ヘヴィ・ウェザー』のアイコニックなカヴァーで有名なデザイナー、ルー・ビーチが担当。

「バンドが丸ごとニコラス・ペイトンのバックに起用されたり、メンバーのコーリー・フォンヴィル(ds)がクリスチャン・スコットのバンドのレギュラーだったりして、現代ジャズ・シーンでは注目を集めてきたブッチャー・ブラウン。「今どきこんなんアリかよ!?」と思わずにはいられない、70~80年代のジャズ・ファンク/フュージョンの延長線上にある音楽性は問答無用のカッコよさ。ファンク好きにはたまりません。これまでのローファイなサウンドから今作はクリアなミックスになり、ラップも入って明るくポップな雰囲気も増した、満を持してのメジャーデビュー作。尚、国内盤はボーナス2曲アリ。」(JazzTOKYO 逆瀬川)


ソングリスト

  • 1.Fonkadelica
  • 2.#KingButch
  • 3.Broad Rock
  • 4.Cabbage (DFC)
  • 5.Gum In My Mouth
  • 6.Frontline (Intro)
  • 7.Frontline
  • 8.1992
  • 9.Love Lock
  • 10.Hopscotch
  • 11.Tidal Wave
  • 12.For The City feat. Fly Anakin
  • 13.IDK