VARG UTAN FLOCK / ヴァーグ・ウータン・フロック

SHINING (from Sweden) シャイニング

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,484円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
ワードレコーズ
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
GQCS-90474
通販番号
HMHR171027-105
発売日
2017年12月29日
EAN
4562387204816

商品詳細情報

【国内盤】
【2017年12月29日発売】

スウェーデンのブラックメタルバンド・シャイニングよりニューアルバムが到着!! 日本先行発売。

スーサイダル・メタル・バンド、シャイニングは、96年、ニクラス・クヴァルフォルトを中心に、スウェーデンで結成された。(この当時、ニクラスはまだ12歳である!)98年にEP『Submit to Selfdestruction』でデビュー。現在ではニクラスの変幻自在の歌唱がバンドの大きな魅力の1つとなっているが、この時点では、彼はまだギターとベースのみを担当。ヴォーカルも担当するようになったのは、00年のデビュー・アルバム『Within Deep Dark Chambers』からである。いわゆるディプレッシヴ・ブラック・メタルと呼ばれる陰鬱なスタイルを追求したシャイニングは、世界中の心に闇を抱えたファンから熱狂的な支持を得た。

01年にセカンド・アルバム『Livets ändhållplats』を、前作と同じくSelbstmord Servicesから発表後、イタリアのAvantgarde Musicと契約。02年にリリースされた『III - Angst - Självdestruktivitetens emissarie』では、ドラムをあのヘルハマー(メイヘム等)が担当している。04年に4枚目のアルバム『IV - The Eerie Cold』をレコーディングするものの、同年8月に、突如解散を発表。だが、結局年末には再結成。『IV - The Eerie Cold』は翌年、05年3月にリリースされた。ちなみに本作も、ドラムはヘルハマーだ。

06年にはニクラスが失踪。自殺の噂も流れる。同年8月、バンドはホームページにて、公式にニクラスが失踪したことを発表。シャイニングの公式スポークスマンというConny Jarlestalなる人物が、「わかっていることは、クヴァルフォルトが4週間行方不明ということだけ。すでにこの世を去っているかもしれないが、確かなことはわからない。彼は過去半年、非常に酷い鬱に悩まされていたのは事実」と告げ、同時に「ニクラスに非常に近い人物」から、「『グール』というヴォーカリストが加入させ、バンドを継続させることがニクラスの遺志である」という手紙を受け取ったことを明かした。結局翌年、その「グール」の正体がニクラスであることが明らかになるのだが…。

その後フランスのOsmose Productionsに移籍、『V - Halmstad (Niklas angående Niklas)』(07年)をリリース。もともとブラック・メタルらしからぬパートも少なくなかった彼らの音楽だが、このアルバムでプログレッシヴ・ロックやクラシック、ジャズといった幅広い音楽からの影響をあからさまに誇示。高い音楽性、オリジナリティを持った本作は、大きな話題を呼ぶこととなった。ベートーヴェンからウェスタン映画のサントラまでをも飲み込んだこのアルバムで、シャイニングはその後の方向性を高らかに宣言したと言える。09年に『VI - Klagopsalmer』をリリースすると、今度はフィンランドのSpinefarm recordsに移籍。11年には『VII: Född förlorare』を、12年には『Redefining Darkness』を発表。11年にリリースされたEP、「Förtvivlan, min arvedel」は、スウェーデン本国でゴールド・ディスクを獲得するほどのヒットとなった。アッティラ・チハー(メイヘム等)、マニアック(元メイヘム)など、多彩なゲスト・ヴォーカルをフィーチャした企画盤『8 ½ - Feberdrömmar i vaket tillstånd』を挟んだのち、フランスのSeason of Mistへと移籍。15年に9枚目となるアルバム『IX - Everyone, Everything, Everywhere, Ends』をリリースした。15年1月には、Mardukの日本ツアーのゲストとして、まさかの初来日。その狂気に満ちたステージに、驚愕した方も少なくないだろう。

そして今回リリースになるのが、10枚目のフルレングスとなる『X - Varg Utan Flock』である。ディプレッシヴ・ブラック・メタルと形容された初期から、その後のプログレ、ジャズ、クラシック、ロックと何でもアリの最近の作品に至るまで、シャイニングの音楽は、すべてニクラス・クヴァルフォルトが抱える怒りや苦痛といった、心の闇を具現化したものだ。前作と同じく、キング・ダイアモンドのギタリスト、アンディ・ラロックのスタジオで録音された『X - Varg Utan Flock』も、やはり彼の精神的葛藤の結実である。ありとあらゆる苦痛、不安を、ニクラスは変幻自在の唱法で吐露していく。

ブラック・メタルから、ロックやブルース。さまざまな音楽形態が、ニクラスの精神的苦痛というキーワードでつながれていく。心の闇を表現する音楽は、何もブラック・メタルだけではない。ロックにもジャズにも、そしてクラシックにも、闇で満たされた作品は存在する。そんな当たり前の事実を、シャイニングは改めて突きつける。「俺は1983年12月に生まれ、2017年12月に死んだ」という不気味なつぶやきが繰り返される9分半に渡る大曲、「モット・アオキガハラ」などは、聴くものの心を蝕まずにはおかないだろう。

とにかく暗く、陰鬱。『X - Varg Utan Flock』は、心して聴くべき作品である。下手をすれば、闇に引きずりこまれかねない。まさにスーサイダル・メタル。「自殺の衝動に駆られるメタル」という呼称がぴったりな、心の闇の集大成だ。

【メンバー】
ニクラス・クヴァルフォルト(ヴォーカル)
マルクス・ハマシュトロム(ベース)
ピーター・フス(ギター)



ソングリスト

  • スヴァート・オストバール・エル
  • ユーレネ・ポータナス・ブロー
  • ヨ・アル・ディン・フィエンデ
  • ハン・ソム・ルラー・イノム
  • トルヴトゥセン・トレティエット
  • モット・アオキガハラ
  • イン・ザ・コールド・ライト・オブ・モーニング《ボーナストラック》
  • クライ・リトル・シスター《ボーナストラック》