東欧ブラックメタルガイドブック

パブリブ(シリーズ・叢書「世界過激音楽」)

  • BOOK
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,376円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
パブリブ
国(Country)
JPN
フォーマット
BOOK
規格番号
通販番号
HMHR171121-004
発売日
2017年12月05日
EAN
9784908468209
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

【国内版】

反キリスト教・反共主義・民族主義・白人至上主義・反近代文明を訴えるペイガンフォーク・アトモスフェリック・ポスト・NSBM(国家社会主義)等のブラックメタルは東欧がシーンの震源地
ポーランドに住み着いてしまった女性Metal Mania Sayukiが丹念に紐解く

■白血病から生還したネルガル率いる最も有名なポーランド出身のブラックBehemoth
■修道士風の真っ黒なマントに身を包むカルトブラックBatushka
■爆速ドラマーが在籍する同名ロシアバンドより先に結成されたペイガンArkona
■来日も果たし、祖国ポーランドでは演劇にも携わる極寒型次世代ブラックFuria
■国家社会主義者と目され、中世騎士の格好のペイガンフォークGraveland
■反共バンドとの関わりから極右疑われるブラスト炸裂ブルータルブラックInfernal War
■タトラ山脈でライブ拒絶、古ポーランド語熱唱アトモスフェリックWędrujący Wiatr
■「バンド名がない」と主張し「██████」で押し通すアンティファ・ブラック
■ティンパニ・ハチャトゥリアンを活用しヘンテコ奇天烈なMaster’s Hammer
■「森ブラック」自称し下水道に拘り続け、遠足中の保育園児とも戯れるTrollech
■トロンボーン等の管楽器をいち早く取り入れていたアトモスフェリックSear Bliss
■現MayhemのボーカルAttilaが1985年から活動していたTormentor

●共産主義時代のメタル事情
●反共主義、極右思想の音楽RAC
●東欧ライブハウス
●東欧マニアック観光
●読み方がわからないバンド名
●ポーランドの極右ブラックメタル・サークル…など充実したコラムも