ORDINARY CORRUPT HUMAN LOVE

DEAFHEAVEN デフヘブン

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

1,944円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
ANTI
国(Country)
US
フォーマット
CD
規格番号
通販番号
HMHR180620-001
発売日
2018年07月23日
EAN
8714092758221

商品詳細情報

【輸入盤】
■ サンフランシスコ出身のポスト・メタル・バンド、DEAFHEAVEN(デフヘヴン)。2011年にデビュー・アルバム『ROADS TO JUDAH』をリリースした彼らは、2013年の『SUNBATHER』でピッチフォークをはじめとする、各音楽メディアから大絶賛を獲得し、シーンに一大旋風を巻き起こした。2015年にリリースされた3rdアルバム『NEW BERMUDA』でも、その独創的かつ先鋭的なロック・サウンドは高い評価を集め、ここ日本でもFUJI ROCK FESTIVAL '16に初出演を果たした。

■ その彼らの、約3年振りとなるスタジオ・アルバムがリリースされる。これまでの作品同様、プロデュースを手掛けるのはJack Shirley。アルバムのタイトル『ORDINARY CORRUPT HUMAN LOVE』は、イギリスの小説家、Graham Greenの「The End Of The Affair (情事の終わり)」から取られているという。そのタイトル通り、アルバム全体を通して流れているのは、漠然としながらも、焦がれるようなロマンティシズムである。収録されているのは7曲だが、その半数近くが10分超えの大作という、聴きごたえたっぷりのアルバムだ。

■ 先行シングルとしてリリースされた「Honeycomb」も、10分を超える作品。アルゼンチン作家、Julio Cortazar(「石蹴り遊び(Hopscotch)で知られる)~インスパイアされている歌詞が、洪水のように押し寄せる轟音ギターに絡み合っているこの曲のミュージック・ビデオでは、メンバーのスタジオでのレコーディング風景や、地元サンフランシスコをたむろしている様子が捉えられている。

■ 「Honeycomb」以外にも、このニュー・アルバム『ORDINARY CORRUPT HUMAN LOVE』に収録されている楽曲には、幾重にも重なったサイケデリックなヴォーカル、轟音ギターリフ、ジャジーなパーカッション、そしてSlowdive等のシューゲーザーバンドを思い起こさせるサウンドスケープなど、DEAFHEAVENの宇宙を構成する全ての要素が含まれている。ピアノもまた、彼らのサウンドで特徴的な役割を担っているが、特に今作ではその傾向が顕著だと言えるだろう。アルバムの幕開けを飾る「You Without End」は、ピアノのイントロからオークランドの作家、Tom McElraveyの詩を朗読するNadia Kuryのスポークン・ワードへと続く曲である。またもう1曲、ほの暗いピアノが印象的な「Night People」では、ゴシック・ロックとフォークを巧みに融合させたシンガーソングライター、Chelsea Wolfeと彼女のコラボレーターであるBen Chisolmの二人がヴォーカルとして参加している。

■ “挫折や敗北”は、時として最高の芸術を生み出すきっかけとなる。日々誰しもが痛みと向き合い、自分の中で何かを爆発させているが、その一方で、それらを乗り越え、再び愛せるようになる力をもっている。Deafheavenは、こうした内なる心の動きを外面化する方法を見つけだし、聴くものが、その内に抱える抑圧された感情やしこりを一気に浄化してしまえるような、圧倒的カタルシスを齎す轟音サウンドを作り出したのだ。『ORDINARY CORRUPT HUMAN LOVE』――DEAFHEAVENキャリア史上最高のアルバムがここに完成した。

※メーカーインフォメーションより

ソングリスト

  • You Without End
  • Honeycomb
  • Canary Yellow
  • Near
  • Glint
  • Night People
  • Worthless Animal