• CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,750円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
ワードレコーズ
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
GQCS90748
通販番号
XAT-1245714927
発売日
2019年08月30日
EAN
4562387209965
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

【国内盤】
【2019年8月30日発売】
<こちらの商品は金曜日販売開始商品となります。>
お届けは発売日以降となります。(※前日には到着しませんのでご了承下さい。)


Napalm RecordsのCEOであるトーマス・カザー (ドラムス)、男女ヴォーカルを擁するオーストリア出身のヴィジョンズ・オブ・アトランティスのニュー・アルバムが早くもリリース!『指輪物語』の一説からタイトルが採られたこの第7作『ワンダラーズ』にて、劇的かつシンフォニック、優美にしてダイナミックな叙情サウンドはさらなる高みへ…!! 

'00年にオーストリアにて始動。'02年にアルバム『ETERNAL ENDLESS INFINITY』でデビューを飾ったシンフォニック・メタル・バンド、ヴィジョンズ・オブ・アトランティスはこれまでに数え切れないメンバー・チェンジを経てきた。現在も残っているオリジナル・メンバーは、ドラマーのトーマス・カザーだけで──当初は、そのトーマスの近しい友人達で結成された、文字通り“オーストリア人のバンド”であったが、ラインナップに異動がある度に各国から逸材を補充し、いつしか多国籍なバンドとなっていた。

しかし、ドラマティックな叙情サウンドはデビュー時からほぼ不変。“epic” “romantic” “mysterious” “dark” “powerful” “emotional” “intimate” “passionate” “exotic” “melodic” “poetic” “fantastic”…と、あらゆる劇的HR/HMのサウンド要素を常に内包している。現ラインナップは、トーマス[Ds]以下、クレモンティーヌ・ドロネー[Vo]、ミケーレ・グアイトーリ[Vo]、 クリスティアン・デューハ[G]、ハーバート・グロス[B]となっており、元WHYZDOM~SERENITYで現EXIT EDENでもあるクレモンティーヌはフランス出身、KALEDONやTEMPERANCEにも籍を置くミケーレはイタリア出身。過去には、米人シンガーやギリシャ人シンガーを迎えたこともあった。

元々、NIGHTWISHを目標にしていたというヴィジョンズ・オブ・アトランティスだが、男女クリーン・ヴォーカルをレギュラーで擁し、ゴシカルにもプログレッシヴにもなり過ぎず、基本グロウルやスクリームを用いることなく、飽くまでメロディックなHR/HM路線を堅持している点は特筆しておきたい。セカンド『CAST AWAY』('04)以降、『TRINITY』('07)、『DELTA』('11)、『ETHERA』('13)、『THE DEEP & THE DARK』('18)と作を重ねる中で、メロデスやNUメタルのエッセンスを盛り込もうとしたこともあるにはあったが、その主軸となる方向性がブレることはこれまでなかった。

そんな彼等は、この2月に初のライヴ・アルバム『ザ・ディープ・アンド・ザ・ダーク・ライヴ~シンフォニック・メタル・ナイツ』を発表したばかりだが、早くも『THE DEEP & THE DARK』に続くスタジオ新作『ワンダラーズ』が完成した。通算7作目となる本作のタイトルは、かの『指輪物語』(J.R.R.トールキン作)に登場する詩の一節 “Not all those who wander are lost(彷徨う者は全て迷い人とは限らない)” から採られたという。この “アラゴルンの詩” は、“All that is gold does not glitter(全ての金が光っているとは限らない)” で始まり、 “The crownless again shall be king(王冠はまた王の許へ戻る)” で締め括られ──つまりは、 “見かけに騙されてはいけない” という意味が込められた、誰しもが心掛けるべき金言である。

過去最高にメロディックで、ノーブルで、エレガントな仕上がりとなった最新作『ワンダラーズ』。その日本盤には、海外盤と共通のボーナス・トラック2曲に加え、さらに日本限定のボーナス・トラック1曲が収録される予定だ。

※メーカー・インフォメーションより

ソングリスト

  • 1. リリース・マイ・シンフォニー
  • 2. ヒーローズ・オブ・ザ・ドーン
  • 3. ナッシング・ラスツ・フォーエヴァー
  • 4. ア・ジャーニー・トゥ・リメンバー
  • 5. ア・ライフ・オブ・アワ・オウン
  • 6. トゥ・ザ・ユニヴァース
  • 7. イントゥ・ザ・ライト
  • 8. ザ・サイレント・スクリーム
  • 9. ザ・セイレーン・アンド・ザ・セイラー
  • 10. ワンダラーズ
  • 11. アット・ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド
  • 12. ブリング・ザ・ストーム
  • 13. イン・アンド・アウト・オブ・ラヴ (アーミン・ヴァン・ブーレン カヴァー)
  • 14. メメント ※日本盤限定ボーナス・トラック