【音楽酒】新規取り扱い!! IN FLAMES ジン / RAMMSTEIN ウォッカ & テキーラ / SEPULTURA ワイン / HAMMERFALL シャンパン / SWEDEN ROCK ラム、ウィスキー、リキュール

  • HARDROCK & HEAVYMETAL
  • 注目ニュース
  • 2019.04.25

    • LINE

    • メール


    SIGNATURE CRAFT GIN NO.13 BATCH 2 - ELDERFLOWER & CUCUMBER

    スウェディッシュ・メタルの巨人、メロディック・デスメタルの第一人者、常に進化し続けるメタルの求道者イン・フレイムス。彼らの署名入り(シグネチャー)クラフトジンが発売されたのは2017年のことでした。第一弾の《ピンク・ペッパー&ライム》は、ヴォーカルのアンダース・フリーデンが自身のシグネチャー・フレーバーとして選んだものです。2,300本限定生産で、発売開始からわずか数日で売り切れになるほどの人気を博しました。第二弾(バッチ2)の《エルダーフラワー&キューカンバー》は、ギタリストのビョーン・イエロッテが選んだシグネチャー・フレーバーです。

    ヨーロッパ原産のエルダー(セイヨウニワトコ)は、古くからその花や実が薬用や食用に使われてきました。初夏に甘く香る小さな花(エルダーフラワー)を集めてレモンとともにシロップ漬けにしたものはヨーロッパの夏の風物詩です。「野に咲くエルダーフラワーを見られるのは、ほんのちょっとの間だけなんだ、まるでスウェーデンの夏のようにね」とビョーンは言います。「それから僕たちにはエルダーフラワーの甘く香り豊かな味わいに、穏やかで爽やかなキューカンバー(キュウリ)を合わせるというアイデアがあった。結果的に完ぺきなマリアージュになったよ」。エルダーフラワーの香りにはレモンがベストマッチです。ストレートでもトニック割りでも、レモンを添えてお楽しみください。2,300本限定生産です。

    ※メーカー・インフォメーションより


    SIGNATURE CRAFT GIN NO.13 BATCH 3 - GREEN TEA & BERGAMOT

    スウェディッシュ・メタルの巨人、メロディック・デスメタルの第一人者、常に進化し続けるメタルの求道者イン・フレイムス。彼らの署名入り(シグネチャー)クラフトジンの第三弾(バッチ3)は、ギタリストのニクラス・エンゲリンが監修しました。

    彼のシグネチャー・フレーバー《グリーンティー&ベルガモット》は、紅茶にベルガモットで着香をほどこしたアールグレイにインスパイアされたものです。グリーンティーは高品質な日本の煎茶を使用。他のボタニカルとは別に煎茶だけをベーススピリッツに漬け込み、個別に蒸留することで、しっかりとしたお茶の風味がジンにもたらされています。さらにベルガモットのエレガントな香りとジュニパーベリーのスパイシーな刺激を柱として、コリアンダーやレモンピール、シナモンにカルダモンそしてエルダーフラワーなどのボタニカルがフレッシュでありながら複雑なフレーバーを構築しています。ストレートでは勿論のこと、トニックウォーターで割ることで、その豊かな風味を十全に楽しむことができます。2,300本限定生産。

    ※メーカー・インフォメーションより


    FEUER & WASSER - ウォッカ

    ラムシュタインの5thアルバム『ローゼンロート』に同名の曲が収録されていますが、偏執的なストーカーについて歌ったこの曲を、なぜバンドのオフィシャル・ウォッカのブランド名に採用したのか、それは彼らのみが知ることでしょう。あるいは、炎がうねり液体が噴き出す、彼らの常軌を逸したライブ・パフォーマンスのことを表しているのかもしれません。いずれにせよバンドは最高級のウォッカにラムシュタインの名を与えました。

    複数回蒸留され、ウォッカ専用の特別の水が加えられたあと、伝統的かつ門外不出の方法でろ過されることで、『フォイヤー&ヴァッサー』は限りなく透明でまろやかなウォッカに仕上がりました。ベルリンで一本一本丁寧に瓶詰めされているため、数量限定での販売です。メタルケースに刻まれた網タイツのようなレース柄はガラスのボトルにも刻印されており、白と赤を基調にした非常にデザイン性が高いボトルになっています。壁が崩壊するほどの大音量でラムシュタインを鳴らしつつ、ショットかロックでお楽しみください。

    ※メーカー・インフォメーションより


    RAMMSTEIN TEQUILA (REPOSADO)

    10年ぶりの新アルバムの発表が待たれるラムシュタインは、メンバー全員が東ドイツ出身のインダストリアル・メタル・バンド。常軌を逸したライブ・パフォーマンスと過激な歌詞で有名な彼らにはドイツ国内のみならず世界中にコアなファンが存在します。そんな彼らがオフィシャル・スピリッツとして選んだのは、一切の副原料を使わない100%アガベのプレミアム・テキーラ。雑味がなくスムーズで、アガベのさわやかな香りと甘味をしっかりと感じることのできる高品質なテキーラです。さらに、フレンチ・オークの樽で8か月熟成されたレポサドなので、ヴァニラやキャラメルのリッチな風味も合わせて楽しめます。

    ラムシュタイン・テキーラ・レポサドのこだわりは、中身だけではありません。ボトルを包み込むブラックレザーのケースは手作りで、革紐を使って一本一本丁寧に締め上げられています。しっかりとした造りの鋳鉄製のキャップ(260グラム)は、バンドのロゴを立体的に表現したものです。挑発的でデカダンスな存在感はバンドと同じで、ずっと手元に置いておきたくなるデザインです。

    ※メーカー・インフォメーションより


    SEPULTURA TINTO 2017 [RED WINE]

    ブラジリアン・ヘヴィメタルの重鎮。かつてはスラッシュ・メタルの雄として名を馳せ、1986年のデビューアルバムから今日にいたるまで、音楽のスタイルは変われども、コンスタントに良作を発表し続けているセパルトゥラ。2018年12月、初のオフィシャル・ワインのリリースが発表されました。バンドはワイン造りに全面的に関わっており、素っ気ないブランド名は品質へのゆるぎない自信を表しています。赤ワインと白ワインの両方とも、ポルトガル南部の穀倉地帯、ワイン好きにはコルクの一大生産地としても知られるアレンテージョ地方の有機栽培ブドウを原料としています。同地方は冬と夏の寒暖差が激しく、また日照量が多くて乾燥していることで、様々なタイプのブドウが生産され、ポルトガル・ワインの一大産地となっています。

    セパルトゥラがオフィシャル・ワインのために選んだブドウは、どれもポルトガル土着の品種で、赤ワインにはアラゴネス、トリンカデイラ、そしてカステランが用いられており、深みのある紅色、濃厚な果実味といった特徴が見事に表現されたフルボディの力強いワインとなっています。白ワインにはアンタン・ヴァズ、ロウペイロ、フェルナン・ピレスが用いられており、爽やかな酸味とバランスの取れた味わい、そして若いワインですが非常にアロマティックなのが魅力です。ポルトガルの土と水とブドウでワインを造ること、それもまた彼らの「ルーツ」への想いの一つなのかもしれません。

    ※メーカー・インフォメーションより


    SEPULTURA BRANCO 2017 [WHITE WINE]

    ブラジリアン・ヘヴィメタルの重鎮。かつてはスラッシュ・メタルの雄として名を馳せ、1986年のデビューアルバムから今日にいたるまで、音楽のスタイルは変われども、コンスタントに良作を発表し続けているセパルトゥラ。2018年12月、初のオフィシャル・ワインのリリースが発表されました。バンドはワイン造りに全面的に関わっており、素っ気ないブランド名は品質へのゆるぎない自信を表しています。赤ワインと白ワインの両方とも、ポルトガル南部の穀倉地帯、ワイン好きにはコルクの一大生産地としても知られるアレンテージョ地方の有機栽培ブドウを原料としています。同地方は冬と夏の寒暖差が激しく、また日照量が多くて乾燥していることで、様々なタイプのブドウが生産され、ポルトガル・ワインの一大産地となっています。

    セパルトゥラがオフィシャル・ワインのために選んだブドウは、どれもポルトガル土着の品種で、赤ワインにはアラゴネス、トリンカデイラ、そしてカステランが用いられており、深みのある紅色、濃厚な果実味といった特徴が見事に表現されたフルボディの力強いワインとなっています。白ワインにはアンタン・ヴァズ、ロウペイロ、フェルナン・ピレスが用いられており、爽やかな酸味とバランスの取れた味わい、そして若いワインですが非常にアロマティックなのが魅力です。ポルトガルの土と水とブドウでワインを造ること、それもまた彼らの「ルーツ」への想いの一つなのかもしれません。

    ※メーカー・インフォメーションより



    HAMMERFALL / TEMPLER CUVEE JOACIM CANS 2008


    ハンマーフォール:テンプル騎士団のキュヴェbyヨアキム・カンス

    ハンマーフォールは、1997年のデビュー作『Glory to the Brave』から今日まで、ピュアで正統なヘヴィメタルを真正面から鳴らすことにこだわり続けてきたバンドです。ここ20年は、まさしくそうした音を鳴らすことがもっとも困難な時代だったといえますが、彼らはスウェーデンの国民的バンドにまで登りつめ、ヨーロッパでの人気もゆるぎないものになっています。

    この特別なシャンパンは、バンドのデビュー20周年を記念して2017年に発売されました。大のシャンパン好きとして知られるヴォーカルのヨアキム・カンスが、みずからシャンパン・ハウスに赴いてテイスティングを重ね、選び抜いたのです。辛口でわずかにオーク香のするシャンパンを好むヨアキムは、ドザージュ(シロップ添加)のレベルを低く抑え(3g/Lのエクストラ・ブリュット)、また添加前にドザージュ・リキュールを3か月オーク樽の中で寝かせるという工夫をしています。シャンパン・ハウスは、スウェーデン系の家族が経営する初めてのハウスであるハテ・ソネ(Hatt et Söner)。シャルドネの聖地として知られるシャンパーニュ地方中央部、コート・デ・ブラン地区で、高品質かつ革新的なシャンパン造りに取り組んでいる野心的なハウスです。

    『テンプル騎士団のキュヴェ』は、シャルドネ100%のブラン・ド・ブラン。00年代では最高の当たり年とされる2008年に収穫されたシャルドネだけを用いたヴィンテージ・シャンパンです。最高品質へのこだわりとして、コート・デ・ブラン地区ヴェルテュ村のプルミエ・クリュ(一級畑)の中でも特定の区画で採れたシャルドネ(2008年9月15日収穫)のみを使用し、果汁は一番搾り(キュヴェ)だけを贅沢に使用しています。キュヴェの特徴である豊かなアロマとフレッシュさを十全に生かしつつ長期熟成のためのポテンシャルを引き出すために、マロラクティック発酵(酸味を和らげる発酵)は行っていません。最良のシャルドネがもつ優美な繊細さや豊かなミネラル、その魅力を味わいつくすのにふさわしいシャンパンです。1900本限定生産。購入後すぐの開封でも最高のシャンパンをお楽しみいただけますが、15年から20年ほど熟成させてみるのもおすすめです。極上の香りと味わいをもつ真に芸術的なシャンパンに仕上がることでしょう。

    ※メーカー・インフォメーションより


    SWEDEN ROCK 25 YEAR ANNIVERSARY EXTRA OLD RUM

    スウェーデン最大のHR/HMフェスティバル、スウェーデン・ロック・フェスティバルは、2016年に25周年を迎えました。1992年に始まった同フェス、初年度はスウェーデン南部のオロフストロムで開催され、名前もシンプルに「サマー・フェスティバル」でした。地元スウェーデンのバンドを中心に10組が出演した1日限定のフェスだったのです。翌年から5年間は、さらに南、バルト海に面したカールスハムンに場を移し、1998年からは現在と同じセルヴェスボリ近郊で開催されるようになりました。今では約60組のバンドが4日間にわたり世界中から集まった3万人以上のオーディエンスを熱狂させるフェスにまで成長しました。過去には、エアロスミス、ガンズ・アンド・ローゼズ、ディープ・パープル、モーターヘッド、ジューダス・プリースト、シン・リジィー、アリス・クーパー、モトリー・クルー、イングウェイ・マルムスティーン、ホワイトスネイク、スコーピオンズ、DIO、ブルース・ディッキンソンなどが出演し、2019年の出演バンドには、アーチ・エネミー、ディスターブド、デフ・レパード、ドリーム・シアター、ハンマーフォール、KISS、リッチー・ブラックモアズ・レインボー、スキッド・ロウ、スレイヤー、UFO、ZZトップなどが名を連ねています。

    北欧最大級のHR/HMの祭典、その25周年を記念して造られたのが、スウェーデン・ロック25周年記念エクストラオールド・ラムです。エクストラオールドの名の通り、ベースとなるのはオーク樽で25年の長期熟成を経たガイアナ産のダークラム。四半世紀の熟成により樽香が凝縮され芳醇なバニラが香る最高級ラムに、同じくガイアナ産のよりフレッシュでスパイシーなラムを絶秒にブレンドすることで、複雑な味わいながらもパワフルでバランスの良いラムに仕上げました。コクのあるバニラのフレーバーに加えて、キャラメルでコーティングされたレーズンやミルクコーヒーの心が浮き立つ甘味、ザラメやドライフルーツの素朴で穏やかな風味、ほのかにアニスも香ります。1500本限定生産。

    スウェーデン・ロック・フェスがその歴史を紡ぎ始めた1992年といえば、マニックス、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、トーリ・エイモス、そしてDr.ドレらがデビュー・(ソロ)アルバムを発表し、ドリーム・シアターの『イメージズ・アンド・ワーズ』、アリス・イン・チェインズの『ダート』、R.E.M.の『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』などの数々の傑作がリリースされた年でした。このリッチで奥深いエクストラオールド・ラムを味わいながら、過去四半世紀の音楽シーンを振り返ってみるのも一興かもしれません。

    ※メーカー・インフォメーションより



    SWEDEM ROCK 2015 [ウィスキー]

    スウェーデン・ロック・フェスティバルは、HM/HRを中心としたフェスで、1992年から毎年6月にスウェーデン南部のセルヴェスボリ近郊で開催されています。2015年は、デフ・レパード、モトリー・クルー、ジューダス・プリースト、そしてスラッシュがヘッドライナーを務めました。この強力なフェスとスウェーデン最強の蒸留所マックミラが手を組んで造りだした最高にロックなウィスキーが、スウェーデン・ロック2015リミテッド・エディションです。フェス開催直前の2015年4月2日に6,666本限定で発売されました。

    バーボン樽で6年間熟成されたノンピーテッド・ウィスキーと、ラズベリー・ワインが詰められていたオーク樽(スウェーデン産およびアメリカ産のオーク)で熟成されたウィスキーとをブレンドし、最後にほんの少しのピーテッド・ウィスキーを加えました。オーク樽由来のヴァニラ、さらにキャラメルやドライフルーツの甘味、柑橘系や梨の香り、そしてラズベリーの華やかさ、それらがピートの効いたスモーキーなフレーバーとバランスよく融合し、飲み口のよいウィスキーに仕上がっています。

    ※メーカー・インフォメーションより



    SWEDEN ROCK 2016 [ウィスキー・リキュール]

    スウェーデン・ロック・フェスティバルは、HM/HRを中心としたフェスで、1992年から毎年6月にスウェーデン南部のセルヴェスボリ近郊で開催されています。2016年は、QUEEN+アダム・ランバート、メガデス、スレイヤー、アンスラックスなどが出演しました。前年に限定販売した記念ウィスキー、スウェーデン・ロック2015の成功を経て、2016年もフェスを記念したスペシャルドリンクが発売されました。ハニー、スモーク&ロックンロール。スウェーデン・ロック16リミテッド・エディションの登場です。ファーストフィルのバーボン樽で熟成されたスモーキーなシングルモルト・ウィスキーの中に、スウェーデン産の蜂蜜、ショウガそしてレモンを漬け込みました。やわらかく丸い蜂蜜のフレーバーが、ウィスキーのピーティーさと、ショウガの落ち着きのあるスパイシーさ、そしてレモンの爽やかなアロマを包み込みます。樽香の良く乗った少しオイリーな舌触りに、蜂蜜の豊潤な甘み、ザラメ、バニラ、軽めのナッツの味わい、ショウガの辛み、レモンピール、そしてふわりとしたモルトの風味。後味にピート香の漂うスモーキー・フレーバーをじっくりと楽しめる大人のためのウィスキー・リキュールです。

    ※メーカー・インフォメーションより