【オリジナル特典】21世紀のヘヴィ・ミュージック・シーンを代表するLAMB OF GODのNEWアルバム♪

  • HARDROCK & HEAVYMETAL
  • 特典付ニュース

2022.09.07

  • LINE

  • メール

LAMB OF GOD

【ディスクユニオン・オリジナル特典】

・缶バッジ (デザイン:アルバム・ジャケット)


※特典は先着となりますので、無くなり次第終了となります。あらかじめご了承下さい。

【国内盤】
<こちらの商品は金曜日販売開始商品となります。>
お届けは発売日以降となります。(※前日には到着しませんのでご了承下さい。)


21世紀のヘヴィ・ミュージック・シーンを代表するバンド、ラム・オブ・ゴッドがニュー・アルバムをリリース!戦争・疫病がはびこる狂った世の中こそ、彼らにとっては最高の燃料。バンド史上最も怒りに満ちた傑作!

21世紀のヘヴィ・ミュージック・シーンを代表するバンドの一つ、ラム・オブ・ゴッド。94年にバーン・ザ・プリーストとして結成された彼らは、99年に現在のラム・オブ・ゴッドへと改名。00年には『New American Gospel』でアルバム・デビューを果たすと、新世代のヘヴィ・ミュージックの旗手として大きな人気を博していく。04年のサード・アルバム『Ashes of the Wake』は、メジャーのエピック・レコードからリリースされ、ビルボードの27位にランクインの快挙。07年にはグラミー賞ベスト・メタル・パフォーマンス部門にもノミネートされている。その後もロードランナー、ニュークリア・ブラストと、超大手を渡り歩いてきた彼ら。そんなラム・オブ・ゴッドが、2年ぶりとなるニュー・アルバムをリリースする。

『オーメンズ』と題された本作について、ヴォーカリストのランディ・ブライは、「世界の狂った現状に対する反応」であり、「とにかく怒りに満ちた作品だ」と強調する。ドアーズやピンク・フロイド、サウンドガーデンなども使用したロサンジェルスのヘンソン・レコーディング・スタジオで、パートごとではなく、バンドで一斉に演奏しレコーディングしたというだけあり、実にライヴの臨場感溢れる本作。ギタリストのマーク・モートンも、「曲を聴いてもらえれば、バンド内の状態がこれまでになく最高であることが簡単にわかるはず」と自信をのぞかせる。前作から加わったドラマー、アート・クルーズによる、一段とパワーアップしたドラミングも印象的。ラム・オブ・ゴッドのスタイルを思いっきりシンプルに説明するとすれば、ハードコア・パンクのアティテュード、そしてサウンドからも大きな影響を受けたヘヴィメタルということになるだろう。疫病、戦争がはびこる狂った世の中こそ、彼らのようなバンドにとっては最高の燃料。とにかく怒りが充満した『オーメンズ』は、100%ラム・オブ・ゴッドと言える大傑作だ!

プロデュースはラム・オブ・ゴッド・ファンにもおなじみのジョッシュ・ウィルバー。



※メーカー・インフォメーションより

最新ニュース