OLD FOLKS / オールド・フォークス

TAKESHI SHIBUYA & KAZUNORI TAKEDA 渋谷毅&武田和命

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,571円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
アケタズ・ディスク
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
MHACD2313
通販番号
050722-03
発売日
2005年08月11日
EAN
4543011003135
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

1985年12月西荻窪アケタの店におけるライブ。偶然にも関係者が録音していた幻の音源には、力みもなく自然でありながら、これこそジャズ!という四人四様の演奏が溢れています。カセット音源であり、音質は必ずしもベストと言えないまでも、ライブならではの迫力が聴く人を会場へと誘う演奏の数々。奥成氏の素晴らしいライナーの通り、そこには、このメンバーならでは、またこの時代ならではの自由闊達な空気が溢れてます!ノン・プロ?ミュージシャンとも好んでセッションをしたという面々。決してテクニックだけではない、語れないSOMETHIN ELSEがそこここにあるのです。(関口滋子)

当然の事ながら、機械では無く『生身の人間』なので、演奏の出来不出来に大きな波があったと言う武田和命氏。
アケタさん曰く「でもね、ファンは本当に凄い時を知ってるから、たまに悪くても怒らないんですよ。」との事。ここには、そんな「凄い」武田さんの一瞬が収められています。武田さん同様、渋谷さんも川端さんも藤井さんも「凄い!」んです。是非聴いてみて下さい。
奥成達さん筆による心のこもったライナー・ノーツも素晴らしい!
CD裏ジャケの内側には、このライヴが行われていた当時のアケタの店の名物「肉筆スケジュール表」が掲載されています。昔の新宿ピット・インで撮られたと言うカバー・フォト自体お宝モノ!
「ナウ・ザ・タイム」「オールド・フォークス」「レッツ・クール・ワン」「ラウンド・ミッドナイト」のスタンダード4曲を収録。
ラジカセによる録音なので、音質の限界はありますが、そんな事は全く気にならない恐ろしいまでの「現場感」が漂う録音です。まさに、あの狭いアケタの店の、どの場所に居てもミュージシャンの生音が迫って来るあの感じ!これは「真の音楽とはスタジオで起きているんじゃない!ライヴの現場で起きているんだ!」と言う誰かさん風コメントも飛び出して来る、まさに迫真のドキュメントなのです。(青木)

武田和命(ts),渋谷毅(p),川端民生(b),藤井信雄(ds)