Too Young To Die / Too Young To Die

太陽民芸

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

1,650円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
METABORECORDS
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
100016939
通販番号
1006881333
発売日
2015年12月16日
EAN
4988044925113
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

2000年結成。Vo・G 岩川健次郎、G サブディラン、B 田平亮太、Dr 高橋啓の4人組。
元々は早稲田大学出身者による4人組バンド。そのうちボーカルが辞め、ギター担当であった岩川が曲を書き、ボーカルも取るようになりスリーピースバンドに。当初はニールヤングの影響を受けたフォーキーな音楽性であった。2002年頃より新宿JAMを拠点にライブをやるようになる。 新宿JAMではアナログフィッシュ、片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ、おとぎ話、キャプテンストライダムといったバンドたちと対バンさせてもらう。この時期に新たにリードギターを加入させ再び4人組へと戻り、新宿JAMから新宿red clothへと拠点を移して活動を続ける。
その後、メンバーも流動的になりバンドも落ち着かない状態が続く。 そんな時かまボイラーと出会い、ボーカル清水氏の紹介で固定メンバーとして新たにギターとドラムが加入。アメリカンロックの要素を取り入れ、よりバンドサウンドも太くなる。途中ドラマーの脱退という不測の事態も乗り越え、かまボイラーと共同企画をやったり自主音源を作ったりと精力的に活動するが、2007年大晦日に岩川以外のメンバー三人が全員脱退。バンド活動は一時停滞する。 2008年、半年ほどのブランクを経てヨメイリマエのメンバー二人(ベースとドラム)を加え復活。ここで現ドラマー高橋啓加入、さらに岩川の実弟サブディランがギターとして加入する。曲を一新し、よりロックンロール寄りの音楽性を目指す事となる。
2010年4月、元ゴーイングステディのアサイタケオ氏のレーベル「WHIM」より1stアルバム『AB/CD』発売。この時期セックスマシーン、メガマサヒデ、イヌガヨ、ミステルズなどと対バン。
ワタナベマモル氏のレコーディングにも参加。さらに以前から続けていた自主企画「19のままさ」の実況ライブ盤『19のままさ LIVE AT SHINJUKU STAGE 2010.09.11』をベルノバジャムズ/ソコラノグループと共に発売。順調な活動を続けるが、2010年末ベースが脱退。現ベース田平亮太が加入。 2015年5月シングル『清志郎が死んだ日』発売。
 

http://taiyou-mingei.jimdo.com/
 

ソングリスト

  • 1. 命が宿る
  • 2. 愛のテーマ
  • 3. 電波塔
  • 4. 涙が溢れそう
  • 5. 幸せ
  • 6. Too Young To Die