亜熱帯道中・五月の青い風(アナログ)

ボンボヤーズ

2016.11.3「レコードの日」対象商品

  • レコード
  • 売切
  • (注文不可)

1,728円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
ミロクレコーズ
国(Country)
JPN
フォーマット
7"(レコード)
規格番号
MREP5667
通販番号
1007220071
発売日
2016年11月03日
EAN
4582237836196
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ボンボヤーズはアコーディオンのマチコとベースの舟山のぼるのバンド。デビュー作にして7インチシングル。「亜熱帯道中」はシノワズリレゲエで股旅モノ演歌。ごきげんなリズムでやくざな男の哀しさを歌う。「五月の青い風」はボンボヤーズを始めたきっかけとなった曲。フランス人アニメーターのココちゃんのアニメの挿入歌。さわやかな風が胸を通る。

●亜熱帯道中
旅の中で出会った音楽体験が混ざったちらし寿司ダンスミュージック。日本の股旅モノ演歌を自分達の姿に重ね、レゲエのリズムに乗せて歌う。非東洋人によくある日本と中国の混同のせいか、シノワズリの香りも十分に漂う。作曲はベースの舟山のぼる、作詞は舟山が飲み屋で知り合った長崎の老人キリシタン、東方耶蘇。

●五月の青い風
あなたをどこかへ連れてゆくのはいつだってあなたのこころです。風がかすかに青い匂いを運ぶころにはどこへだってゆける気がします。写真機を忘れたふりしてこころに思い出描きましょう。
たったひとり異国の地に足を踏み入れた可憐で勇気あるフランス人イラストレーター、コラリー・ナジェルと彼女のアニメーション作品"思い出の日本"に捧げる春のメヌエット。
作曲は田村優帆、作詞は辺境のシュルレアリスト安堂古戸。

ボンボヤーズ
七つの海をまたにかけ船旅を続ける根無し草の2人組み。2015年7月に日本に上陸し、その気候、食文化、音楽に魅せられ長期滞在中。敬老会での演奏など、老若男女を問わない人々に向けて演奏をする。バンド編成から2人のアコースティック編成などどんな場所でも対応可能な柔軟な活動をしている。2016年にミロクレコーズと出会い、音源リリースも決定した。

ソングリスト

  • 亜熱帯道中
  • 五月の青い風