Ninjas With Attitude

NUMB (JPN/HC)

  • レコード
  • 売切
  • (注文不可)

1,100円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
ALL AGES HARDCORE
国(Country)
JPN
フォーマット
7"(レコード)
規格番号
AAHC2
通販番号
1007858192
発売日
2019年02月27日
EAN
2299990654147
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

東京ハードコアバンド"NUMB" 前作アルバムから約5年振りの最新作7インチ!!

※399枚限定
※ダウンロードコード無し

【収録曲】

Side A
N.W.A. (Ninjas With Attitude) 1:26
Revenge 1:28

Side B
Neo Tokyo Olympiks 2020 2:19
There goes the neighborhood 2:19

-----------------------------

1995年結成の東京のハードコア・バンド、NUMB。14年振りのリリースとなった2014年のアルバム『CITY OF DREAMS』からは5年振りの音源となる。すでに「N.W.A. ~Ninjas With Attitude~」と「Revenge」の2曲は2018年7月にApple Music、Spotifyで配信リリースされており、今回のEPはその2曲にさらに新曲2曲を追加したものとなっている。2018年のNUMBの大きなニュースと言えば、7月にアメリカのフィラデルフィアで行われたハードコア・フェス、This Is Hardcore Fest 2018に出演したことだろう。4日間に渡って行われるこのフェスは、2006年から続く老舗のハードコア・フェスで、その時代を映し出した旬なバンドのブッキングでも知られている。主催者のジョー・ハードコアによれば、彼がNUMBと出会ったのは20年前のコンピレーション『Nothin But A Hardway』であり、日本のシーンを長い間レペゼンしてきたNUMBのようなバンドにステージに立ってもらいたいと思って、直接バンドにコンタクトを取って実現したのだという。先の配信2曲はこのフェスの直前にリリースされたこともあり、フェス当日でもライヴで大いに盛り上がり、忍者のTシャツもよく売れたという。

NUMBというバンドの魅力はそれこそたくさんあるのだが、何と言っても一番大きいのはハードコアに対する愛なのではないだろうか。それは音楽だけにとどまるものではない。シーン、仲間、日本中、世界中のつながり、先人たちへのリスペクト、マーチャンダイズのデザインなどなど。NUMBは楽曲においても、ライヴにおいてもその愛を体現していると思う。NUMBの楽曲は一聴してもカッコいいし、親しみやすいものだが、その音楽とリリックの内容をさらに掘り下げると、ハードコア愛をあちこちに見つけることができる。しかもNUMBというバンドは、スタートが’90年代のハードコアではあるものの、常に今という時代を見据えた活動をしているのだ。そこのバランス感覚はもはやセンスのかたまりだし、カッコいいものを追求する上でそのセンスが活きてくるのだ。

EPの1曲目を飾る「N.W.A. ~Ninjas With Attitude~」は、NUMBならではのモッシュ・パートのセンスが全開の曲。This Is Hardcore Festでも大ウケだったこの曲は、それこそ’90年代のハードコアのセンスを現代によみがえらせたような新しさがある。リリックで歌われる「忍者」はNUMBなりの日本人アイデンティティを表現したワード。だからこそアメリカでもウケたのだ。元ネタがわからない人は「N.W.A.」をググって調べてほしい。2曲目「Revenge」は、速いパートとモッシュ・パートのコントラストがNUMBらしい曲。彼らが通ってきた様々なハードコアを1曲に凝縮したような曲となっている。B面1曲目の「Neo Tokyo Olympics 2020」は、2020年に行われる東京オリンピックを意識した曲。奇しくもNUMBが長年主催してきているライヴ・イベントのタイトルが「OLYMPIK」ということもあり、そのイベントの曲に東京オリンピックを掛けている。フックで歌われる「地下で行われてる東京オリンピック/俺たちはアスリートじゃない、俺たちはストリート出身」がすべてを物語っていると思う。そしてB面2曲目の「There Goes The Neighborhood」は、タイトルからしてボディ・カウントの曲名と同じというのもあって、NUMBらしい先人たちへのオマージュが音楽的にもリリック的にも満載に入った楽しい曲となっている。

なお、前作『CITY OF DREAMS』からラインナップの変更があり、ギターのKENJIROUが脱退、ベースのYURIがギターに代わり、新たにベーシストとしてYUSUKEが加入。レゲエ畑出身のYUSUKEがバンドに新たなグルーヴを持ち込んでいるのも聴きどころだ。また、今回のレコーディングを担当したエンジニアは、Studio Sound Crewの清野修。1996年の1stアルバム『ROAR 365』以来22年振りのレコーディングとなった。

今やハードコアという音楽は、世界的に見ても、世代も人種も性別も全く関係のない一つの大きなカルチャーになっている。NUMBのこの4曲は、そういうハードコアの今を彼らなりのセンスで表現したものとなっている。ETERNAL BのKEN ONEが主宰するALL AGES HARDCOREから7インチでリリースするというのも熱い。しかもこれはBAYONETSに続く第2弾リリースなのだ。Please enjoy!!

大野俊也
Toshiya Ohno

-----------------------------

日本においてNYHCスタイルのバンドがまだ少なかった1995年より一度も止まる事なく活動を続け、今や名実共にTOKYO'S HARDESTとなったNUMBが、初の7インチ『Ninjas with Attitude』をリリース!

セカンドアルバム『City of Dreams』(2013年 / IMPAK MUZIK) のリリース以降、それまで以上にジャンルやジェネレーションを問わず活動の幅を広げることに成功したNUMBは、幾多ものHARD TIMESを乗り越えて、遂に2018年にはアメリカはフィラデルフィアにて行われた世界最大級のハードコアフェス ”THIS IS HARDCORE FEST 2018” に日本代表として出演。本作は、その渡米直前に名刺代わりにストリーミング形式にて発表された新曲2曲をA面に、そして、未発表の新曲2曲がB面に収録されている。

古き良きNYHCからの影響を多大に感じさせつつも、HIPHOP / TRAP譲りの覚えやすいフローとフックによってあくまでキャッチーに聞かせる手腕は今回も健在。さらにニューベーシストYusukeの加入によってより極太なFAT GROOVEも獲得し、今まで以上に大胆なリズムチェンジの妙を取り入れたNUMBならではのオリジナルスタイル完成させている。

カヴァーアートはフライヤーやマーチャンダイズを手掛けるEND (START FROM END)、バックカヴァーやインナースリーブなどはAAHCのレーベルオーナーであるKEN ONE (ETERNAL B)が担当。これぞまさに信頼出来る仲間とともに作り上げたこだわりの一枚に仕上がっている。399枚限定で、今後CD化の予定はナシのコレクターズアイテム。恐らく店頭に並ぶ事はなく予約完売は間違いない!

H8MONGER (IMPERIUM RECORDINGS / SAIGAN TERROR / DOGGY HOOD$)
-----------------------------

知り合って約四半世紀、NUMBの音源リリースに自分が拘ることになるとは思ってもみませんでした。ナムの日に突然AAHCから7インチで出したいとの打診を受け “え!?” と思いつつその場で二つ返事でオッケーをしました。自分自身NUMBというバンドをすごく近い間柄で見てきて、そんな事を言ってきてくれたのには本当にビックリだし何より嬉しかった。僕自身NUMBの大ファンだから。そしてこの音源はNUMBの単独では初となる7インチであり傑作。 デジタルダウンロードコード無し。レコードオンリー。400枚製造、内1枚は制作時に使用の為 Ltd.399。

KENONE (AAHC/ALL AGES HARDCORE // ETERNAL B // RULER)
-----------------------------