DREAMING FULLY AWAKE

MOONS (ANDRE TRAVASSOS) ムーンズ

チン・ベルナルデス、レオナルド・マルケスに続く新たな才能として注目を集めるミナスのバンド<ムーンズ>の最新作がレコードでリリース!

  • レコード
  • 売切
  • (注文不可)

3,960円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
  • 限定品
レーベル
FLEETING MEDIA
国(Country)
BRA
フォーマット
LP(レコード)
規格番号
007
通販番号
1008008486
発売日
2020年02月12日
EAN
7897999305338
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

※受注好調のため通販在庫は予約で完売となりました。ご了承ください。



ブラジル版ニック・ドレイク「ピンクムーン」と称され今年のブラジル音楽シーンの話題をさらった大傑作「THINKING OUT LOUD(2ND)」から一年も経たず、早くも3枚目のニューアルバムを引っ提げ登場するミナス新世代バンド、MOONS(ムーンズ)。前作に劣らず繊細なメロディと音数の少ないアンサンブルで彩られた真夜中のサイレント・ポップと形容したい傑作。前作がより英国的なインディーロックを体現していたとするなら、本作はまさにアメリカのトラディショナルなムードを踏襲したサウンド・コンセプトと言えるであろう。特に古き良きビッグバンドを思わせるホーン・セクションのアレンジはジョン・レノンの70’Sソロ名作「心の壁、愛の橋」や、世界的ポストロック・バンドYO LA TENGO辺りをも彷彿とさせる素晴らしさ。前作同様レコーディング・エンジニアを務める新世代ミナス・シーンの最重要人物、レオナルド・マルケスの功績も見逃せないところ。彼のサウンド・プロデュースなしにこの完成度は実現不可能であろう。ここ数年日本でも大きな話題となったチン・ベルナルデス、レオナルド・マルケス、フーベルといったブラジルの若きアーティスト達に続く新たな才能、MOONS(ムーンズ)。ブラジルという枠をこえて聴かれるべき、ブラジル・オルタナティヴ・ロック傑作の誕生だ。

Produced, recorded, mixed and masterized by Leonardo Marques and Moons.
Photo by Yannick Falisse.
On this recording Moons were André Travassos, Bernardo Bauer, Digo Leite, Felipe D’Angelo, Jennifer Souza, Jonas Vitor, Leonardo Marques, Pedro Hamdan and Yannick Falisse.


ソングリスト

  • A1.Creatures of the Night
  • A2.Nobody But Me
  • A3.Guilty Pleasure
  • A4.Inside Out
  • A5.Dreaming Fully Awake
  • B1.Earthquakes
  • B2.Sweet and Sour
  • B3.No More Tears About It
  • B4.War