TRADITIONAL TECHNIQUES / トラディショナル・テクニークス

STEPHEN MALKMUS スティーヴン・マルクマス

オリジナル特典:ステッカー / [国内盤CD] ボーナストラック追加収録 / オルタナ~ローファイ番長、3部作の最後を締め括るソロ最新作

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,420円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 特典付
  • 再入荷
レーベル
BEAT RECORDS、MATADOR
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
OLE1513CDJP
通販番号
1008071893
発売日
2020年03月06日
EAN
4580211853757
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

オルタナ~ローファイ番長、スティーヴン・マルクマス3部作の最後を締め括るソロ最新作がリリース!!



■ボーナストラック追加、解説:大鷹俊一、歌詞対訳付き

2020年ペイヴメントの再始動で盛り上がるなか、フロントマンでありオルタナ~ローファイ・シーンの立役者としてシーンの第一線で活躍する、スティーヴン・マルクマスがソロ最新作を〈Matador〉よりリリース!

ペイヴメント時代を彷彿とさせる、これぞマルクマス節全開のサウンドを展開したスティーヴン・マルクマス&ザ・ジックス名義の『Sparkle Hard』(2018年作)と、エレクトロニックなサウンドを大胆に取り入れ実験的な内容となったソロ名義では18年ぶりのアルバムとなった『Groove Denied』(2019年作)に続く、3部作の最後を飾る1枚。
テーマを“新たなステージにあるフォーク・ミュージック”と題して、ポートランドにあるレコーディング・スタジオHalfling Studioで『Sparkle Hard』制作時に様々なアコースティック楽器に触れたことがきっかけで生まれた楽曲を中心に収録されている。

全体を通してマルクマスの12弦アコースティック・ギターを軸に構成された本作は、アフガニスタンの楽器など多様な楽器を駆使することで壮大でありながら予測不能なサウンドにフォーク・ロックの影響を受けた楽曲が展開される。レコーディングでは『Sparkle Hard』時にプロデュースも務めたUSバンド、ザ・ディセンバリスツのマルチ・プレイヤーであるクリス・ファンクがエンジニアを務め、チャヴェス~ズワンのギタリストであり、ボニー・プリンス・ビリーの作品でもおなじみのマット・スウィーニーがアルバムを通してギターを演奏している。

日本盤CDには解説書・歌詞対訳が封入されボーナストラック1曲が追加収録されている。


特典詳細情報

【オリジナル特典】
STEPHEN MALKMUS / TRADITIONAL TECHNIQUES』 CD/LP各種をお買上げのお客様にで先着でステッカーを差し上げます。






ソングリスト

  • 1. ACC Kirtan
  • 2. Xian Man
  • 3. The Greatest Own in Legal History
  • 4. Cash Up
  • 5. Shadowbanned
  • 6. What Kind of Person
  • 7. Flowin’ Robes
  • 8. Brainwashed
  • 9. Signal Western
  • 10. Amberjack
  • 11. Juliefuckingette (Bonus Track for Japan)