Once Upon a Time: The Lost 1965 New York Studio Sessions

BOB JAMES ボブ・ジェームス

最初期のミッシングリンクを解き明かす画期的作品

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)
  • OUTLET

2,310(税込)

50%OFF 1,155円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
RESONANCE
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
HCD2045
通販番号
1008107980
発売日
2020年08月29日
EAN
0712758040442
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

※デジパック
ボブ・ジェームス自身も驚いた発掘音源!!キャリアのターニング・ポイントーミッシングリンクを解き明かす初期作品。1965年、2つの異なるピアノ・トリオ演奏を収録。


人気ジャズ/ キーボード奏者、ボブ・ジェームス。アーティスト本人も驚きの最初期の活動をとらえた発掘音源が作品化されます!!
昨年2019 年で80 歳を迎えた大御所、ボブ・ジェームスは言わずもがな!フュージョン/クロスオーバー界の大人気のアーティスト。一方、1961 年~65 年に開催されたアメリカの音楽史上最も並外れた冒険の1つとも言われるONCE Festi val でも演奏し、1964 年には、エリック・ドルフィーと共演。今なお先鋭的と言える現代音楽的な楽曲“A Personal Statement”の作曲者であることでも知られ、ESPから『Explosions』をリリース。前衛的な演奏を繰り広げていた側面も持つアーティスト。本作には、そんなボブ・ジェームスの転換期を明らかにする演奏があります。

録音は、Resonanceの創始者であるジョージ・クラビン。作品構成は2部構成で双方1965年のもの。しかし、異なるリズム・セクションを迎え、異なるスタイルの演奏を展開しています。前半部は、前記“A Personal Statement”のメンバーでもあった、ロバート・ポザーがドラムをつとめる演奏で、1月20日録音。こちらでは、プリペアド・ピアノを含む前衛的な側面もみせる演奏。そして、この演奏が、ESP のファウンダー、バーナード・ストルマンを刺激したもの。作品の解説にあるクラビンの言葉によれば、クラビンがこの演奏を聴かせたところ、ストルマンは感銘を受けて録音を決行。『Explosions』となったとあります。

一方後半部は、10 月9 日録音。メインストリームの演奏で、繊細さとリリシズムも記録された演奏。同じく、クラビンの記述によれば、1965 年の後半に、クラビンはボブ・ジェームスに電話し、“『Explosions』とは対照的な、演奏を録音したい”と頼んだとのこと。”エアジン”に聴くアップテンポでの粒立ちのいい溌剌とした演奏と共に、ビル・エヴァンスも演奏した“Indian Summer”では、ハーモニーの美しさと繊細なバラード演奏が披露されています。また、現在に至る完璧ともいえる演奏構成/ 展開をみせる
ボブ・ジェームスの才気も感じさせます。

実は、作品の解説にあるボブ・ジェームスとゼヴ・フェルドマンとの対談によると、自身は、この録音の経緯に関して、詳細を記憶してなかった、とのことですが・・・現在では一部のファンにのみ知られる初期の”実験音楽的な試み”に関して、そのキャリアを誇りに思うと語り、「最近のファンの人の期待する音楽ではないかもしれないけれど、少なくとも、彼らの想像力が、何らかのかたちで刺激されればいいなと思ってる」とのこと。また「これらの録音が保管され、今も素晴らしい音質で存在しているなんて、まさに天からの贈り物。(中略)おかげで、僕の人生の転換期、つまり、アヴァンギャルド的な冒険の世界から、最終的に今に至る道へと、まさに方向転換しようとする自
分自身を、文字通り<精神分析>することができる」と語り、「その音源がリリースされるなんてほんとうに興奮する」とも語っています。

録音は、コロンビア大学のWollman Auditorium stage にて。半世紀以上に渡って常に第一線で活動するボブ・ジェームスの表現の幅の広さ、厚さを語り、表現の秘密を明かす作品の登場です。

メンバー:
M1-4 Bob James(p), Larry Rockwood(b), Robert Pozar(ds)
M5-8 Two:Bob James(p), Bill Wood(b), Omar Clay(ds)

ソングリスト

  • 1.Serenata (5:46)
  • 2.Once Upon A Time (7:00)
  • 3.Lateef Minor 7th (7:36)
  • 4.Variations (6:22)
  • 5.Airegin (4:42)
  • 6.Indian Summer (5:10)
  • 7.Solar (5:22) - Miles Davis
  • 8.Long Forgotten Blues (9:01)