オールド・ディキシー・インNYC '76

THE BAND ザ・バンド

ザ・バンドが終わりに向かう中で行われた『南十字星』のツアーから、『ラスト・ ワルツ』の8公演前となるニューヨーク公演をFM放送用音源で収録!

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

3,410円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 再入荷
レーベル
ヴィヴィド・サウンド
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
組数
2
規格番号
VSCD4613
通販番号
1008746866
発売日
2023年11月15日
EAN
4540399323008
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ロビー・ロバートソンが亡くなってしまった。これでザ・バンドのメンバーで生きているのは、最年長のガース・ハドソンのみというのが切ない。70年代前半、バンドの体制が徐々にロビー中心へと移行する中、ほかの4人のメンバーとの間の溝が露わになっていったが、新曲のオリジナル・アルバムとしては約4年ぶりとなった『南十字星(Northern Lights - Southern Cross)』(75年)は、その出来の良さに反して、メンバー間の関係性をより固定してしまう。この頃からロビーはライヴ活動の停止を考え始めていた。76年に行われ、結果的に最後となってしまった約2年ぶりのツアーは、『南十字星』をフォローしたものだったが、リチャード・マニュエルの交通事故によって、アルバムの発売から約半年もスタートが遅れることになった。76年6月26日のスタンフォード大学のフロスト・アンフィシアターを皮切りに、(『ラスト・ワルツ』まで含めると)北米を32公演回ったが、リチャードの再びの事故で最後の10公演はキャンセルされることとなった。9月18日に行われたニューヨーク・パラディウム公演は、『ラスト・ワルツ』(78年)となった最後のライヴから8つ前の公演となる。9月上旬まではマーヴィン・ゲイの「(Baby) Don't You Do It」でスタートするセットリストだったが、この1週間ほど前から、演奏曲目はそれほど変わらないながら曲順をガラリと変更。この公演ではホーン・セクションが加わり、「Life Is A Carnival」ではポール・バターフィールド(harp)が参加。リチャードは本調子でなく、終わりへと向かう道程にあったとは言え、それでもバンドの演奏は底力を感じさせるものだ。


Credits:
Rick Danko - bass, vocals
Levon Helm - drums, vocals
Garth Hudson - Lowrey organ, saxophone
Richard Manuel - piano, vocals
Robbie Robertson - guitar
Guest Paul Butterfield - blues harp on track16

ソングリスト

Disc 01

  • 1. Ophelia
  • 2. The Shape I'm In
  • 3. It Makes No Difference
  • 4. The Weight
  • 5. King Harvest (Has Surely Come)
  • 6. Twilight
  • 7. The Night They Drove Old Dixie Down
  • 8. Across The Great Divide
  • 9. Stage Fright

Disc 02

  • 1. Arcadian Driftwood
  • 2. The Genetic Method
  • 3. Chest Fever
  • 4. This Wheel’s On Fire
  • 5. (Baby) Don't You Do It
  • 6. Up On Cripple Creek
  • 7. Life Is A Carnival
  • 8. W.S. Wolcott Medicine Show"