1000のプロレスレコードを持つ男EP.名勝負数え唄編

清野茂樹

革命戦士・長州力の入場曲"パワー・ホール"、そしてドラゴン藤波の入場曲"ドラゴン・スープレックス"を収録した超強力ダブル・サイダー

  • レコード
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

1,944円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 再入荷
レーベル
HMV Record Shop
国(Country)
JPN
フォーマット
7"(レコード)
規格番号
HR7S060
通販番号
AVY170823-HV2
発売日
2017年10月21日
EAN
2299990397496

商品詳細情報

革命戦士・長州力の入場曲"パワー・ホール"、そしてドラゴン藤波の入場曲"ドラゴン・スープレックス"を収録した超強力ダブル・サイダー!! 『1000のプロレス・レコードを持つ男』でお馴染み、清野茂樹氏監修の編集盤7インチ・シリーズ、名勝負数え歌編!!

毎週楽しみにしていた金曜夜8時のテレビ朝日『ワールド・プロレスリング』テレビをつけると、アナウンサーの捲し立てるようなレスラー紹介と入場曲!

今作は、針を落とすと、アナウンサー清野茂樹によるレスラー紹介の後に入場曲が始まる。当時のプロレス・ファンならガッツポーズ確実の編集盤7インチ・シリーズ。

1000のプロレス・レコードを持つ男【EP.名勝負数え歌編】
監修/実況 清野茂樹

1982年10月8日後楽園ホール。
長州力がその日のタッグ・パートナー藤波辰巳に「俺はお前の噛ませ犬じゃないぞ!」と牙を向けた後、
1982年10月22日広島体育館での対戦から1984年7月20日札幌中島体育館の一戦までの計11回を、『名勝負数え歌』と呼ぶ。

SIDE:A パワー・ホール
この入場曲は、恐らく日本の選手でアントニオ猪木『炎のファイター』と並んで有名であろう、革命戦士・長州力の入場曲『パワー・ホール』。
こちらの作曲の異母犯抄・演奏はZ・Z・Zは、実はP-MODELの平沢進の変名で3トラックのシンセによるキャッチーなサウンド。

SIDE:B
1.ドラゴン・スープレックス

対するはドラゴン藤波辰巳。
封印した必殺技がタイトルで、WWWFジュニア・ヘビー級王者として帰国した当時にに使用した曲。
藤波のイメージと同じく、さわやかなFUSION調の演奏は淡海悟郎を中心とした凄腕スタジオミュージシャン集団ミノタウロス。

2.雪の札幌テロ事件
1984年2月3日藤波辰巳VS長州力のタイトルマッチ。
"テロリスト"藤原喜明の襲撃で長州力は大流血で救急車で運ばれ、試合は無効試合に。
藤波は怒りを抑えられずひとりでホテルに戻ったが、ホテルの鍵は付き人の高田伸彦に預けたまま部屋に入れず。
という逸話をイメージして、清野茂樹が実況で再現。

⇓同時リリースの『新日本×UWF編』


ソングリスト

  • パワー・ホール
  • ドラゴン・スープレックス
  • 雪の札幌テロ事件