A SIDES AND B SIDES

ADRIANNE LENKER & BUCK MEEK

インディフォーク・バンドBIG THIEFのフロントウーマンとギタリストによるEPがリイシュー

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,200円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
SADDLE CREEK
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
LBJ281CD
通販番号
AWS190322ADRIANNE3
発売日
2018年11月16日
EAN
0648401028126
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

NYブルックリンのインディフォーク・バンド、Big ThiefのAdrianne LenkerがBig ThiefのギタリストBuck Meekとのデュオで2014年にリリースした2枚のEPがカップリングされてリイシュー!

Adrianne Lenkerはミネソタ州ミネアポリス出身のシンガーソングライターだ。父からギターのコードを教えてもらい、10才の頃より曲を書き始め、2006年、13才の時にアルバム『Stages Of The Sun』をリリースしている(Adrianne Lenker自身は、10代の頃の育成期の作品として、このアルバムをファースト・アルバムとしてカウントしていない)。その後、バークリー音楽大学で学んだAdrianne Lenkerは、大学卒業直後の2012年、ニューヨークに移る。そこでBuck Meekに出会い、二人で曲を書き始め、2014年、Adrianne Lenker and Buck Meek名義で2枚のEP『A-Sides』と『B-Sides』をリリースする。また、Adrianne Lenkerは平行してソロ・アルバムも制作。2013年、プロデューサーのRob Oesterlinと地元のミネアポリスのスタジオでレコーディングをおこない、ニューヨークの友人、Andrew Sarlo(後にBig Thiefの『Masterpiece』と『Capacity』をプロデュース)をミックスに起用したファーアスト・アルバム『Hours Were The Birds』を翌2014年にリリースした。一方、Adrianne LenkerとBuck Meekは、Max OleartchikとJames Krivcheniaを加えてBig Thiefを結成し、『Masterpiece』(2016年)、『Capacity』(2017年)と2枚のアルバムをリリース。間を置かず、2018年、Adrianne Lenker はセカンド・アルバム『Abysskiss』をリリースした。

ソングリスト

  • 1. Jonathan
  • 2. Money
  • 3. Kerina
  • 4. Miss Misty
  • 5. Indiana
  • 6. Yuki Onna
  • 7. I Still Hear You
  • 8. Angels
  • 9. A Better Time To Meet
  • 10. Carolina
  • 11. New York City
  • 12. Ringing Bells
  • 13. Row
  • 14. Wallet