BACH: FRENCH SUITES

MURRAY PERAHIA マレイ・ペライア

ペライアのDG移籍第1作

  • CD
  • 売切
  • (注文不可)

3,575円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
DGG (DEUTSCHE GRAMMOPHON GESELLSCHAFT)
国(Country)
GER
フォーマット
CD
組数
2
規格番号
4796565
通販番号
CL-1007189857
発売日
2016年10月11日
EAN
0028947965657
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ペライア、ドイツ・グラモフォン移籍第1弾!
《J.S.バッハ:フランス組曲(全曲)》

ドイツ・グラモフォンが、現代の巨匠マレイ・ペライアと新たな契約を結びました。アメリカ生まれのピアニスト、マレイ・ペライアは、彼のレパートリーの中心をなす作品を今後ドイツ・グラモフォンに録音していく予定です。これらのレパートリーは、彼がデビューした1960年代なかばから、来年4月で70歳を迎える現在にいたるまで、つねに輝きを放ち続けています。ペライアは詩情豊かな表現力、多彩な音色、精神的な深みなど、多くの芸術的な側面で称賛を受けてきました。5年ぶりの新録音、そしてグラモフォン移籍第1弾として選ばれたのは、J.S.バッハのフランス組曲。15歳でカザルス指揮による「マタイ受難曲」を聴いて強い衝撃を受けて以来、ペライアにとってバッハは折に触れて幾度となく演奏をし、常に身近にある作曲家でした。 90年代、病の為ピアノを弾くことも叶わなかった時期には、バッハの作品を勉強することが彼の支えとなりました。
「フランス組曲はバッハの作品の中でも最高峰に位置するもの。バッハの書いた音符は、一音たりとも深い意味が込められていない音は無く、それが私たちの魂の奥底を震わせるのです。」とペライアは語ります。

今回の契約により、DGのカタログに芸術性あふれる至高の演奏が新たに加わることとなりました。今後の展開にもご注目ください。

▲DG社長クレメンス・トラウトマン(右)と共に

「ドイツ・グラモフォンとの契約で、私が心から愛している作品の録音が実現できるのを、楽しみにしています」と、マレイ・ペライアは語っています。「録音は、同じ作品にもう一度新たに取り組む機会をあたえてくれます――作品についてあらためて考え、新たな気持ちで感じとる――それを通じて、ピアノ作品の傑作を自分の成長のあらゆる段階で探求することができるのです。バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、ブラームスなどの作品と新たに向き合うことは、私にとってまさに特別な体験です。永遠に枯れることのない豊かさをもつ作品は、常にインスピレーションの源泉なのです。今回ドイツ・グラモフォンと結んだ新たな絆を通じて、世界中の音楽ファンの方々と素晴らしい音楽を共有できることに胸が高鳴っています。」


「マレイ・ペライアが大勢の忠実なファンに愛され続けているのは、彼には名声をえたアーティストにありがちな、“これ見よがし”なところが微塵もないためだ。その謙虚さは演奏にもにじみでている。彼はスタンドプレイとはまったく無縁であると同時に、そのさりげなさが崇高な美を生みだしている」(フィナンシャルタイムズ/2015年6月付)。 (資料提供:ユニバーサルミュージックIMS)


マレイ・ペライア 来日公演 (ピアノ・リサイタル)
●10/28 東京・浜離宮朝日ホール
●10/31 東京・サントリーホール

【収録内容】
J.S.バッハ:フランス組曲(全曲)

DISC1
フランス組曲第1番ニ短調 BWV.812
フランス組曲第2番ハ短調 BWV.813
フランス組曲第3番ロ短調 BWV.814
DISC2
フランス組曲第4番変ホ長調 BWV.815
フランス組曲第5番ト長調 BWV.816
フランス組曲第6番ホ長調 WV.817


【演奏者】
マレイ・ペライア(ピアノ)

【録音】
2013年7月2日-9日 Funkhaus Nalepastrasse, Saal 1(ベルリン)

 

ソングリスト

Disc 1

  • 1. FRENCH SUITE NO.1 IN D MINOR,BWV812
  • 2. FRENCH SUITE NO.2 IN C MINOR,BWV813
  • 3. FRENCH SUITE NO.3 IN B MINOR,BWV814

Disc 2

  • 1. FRENCH SUITE NO.4 IN E-FLAT,BWV815
  • 2. FRENCH SUITE NO.5 IN G,BWV816
  • 3. FRENCH SUITE NO.6 IN E,BWV817