ブラームス:ハンガリー舞曲集(全曲) (SACD)

CLAUDIO ABBADO クラウディオ・アバド

限定生産・SACDハイブリッド盤

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

3,972円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 限定品
レーベル
エソテリック (ESOTERIC)
国(Country)
JPN
フォーマット
SACD
規格番号
ESSG90200
通販番号
CL-1007916226
発売日
2019年06月20日
EAN
4907034222759
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ESOTERIC特約店のみの限定販売
限定生産・SACDハイブリッド盤

※限定生産品につき、入荷数には限りがあります。
※制作元完売の際は何卒ご容赦ください。

 

ウィーン・フィル史上唯一の「ハンガリー舞曲集」全曲録音。 
 
■ESOTERIC ならではのこだわりの Super Audio CD ハイブリッド・ソフト
オリジナル・マスター・サウンドへの飽くことなきこだわりと、Super Audio CD ハイブリッド化による圧倒 的な音質向上で確固たる評価をいただいている ESOTERIC 名盤復刻シリーズ。発売以来 LP 時代を 通じて決定的名盤と評価され、CD 時代になった現代にいたるまで、カタログから消えたことのない名 盤を高音質マスターから DSDマスタリングし、世界初の Super Audio CD ハイブリッド化を数多く実現してきました。
 

■アバド巨匠時代の到来
 惜しくも 2014年 1月 20日、80歳で亡くなったイタリアの名指揮者 クラウディオ・アバド(1933-2014)。 興味深いことにアバドの活動はほぼ 10 年単位で区切られていま す。例えば 1970年代はミラノ・スカラ座とのオペラ上演で、1980 年 代前半はロンドン交響楽団とのコンサート活動でそれぞれ一時代 を築き、1980年代後半にはウィーン国立歌劇場音楽監督として、 ウィーンという街とのきずなを深め、1990年代のベルリン・フィル時代へとつながります。その中で、1980年代は、50歳台をむかえたアバドがちょうど巨匠指揮者として大きく開花する時期で、録音面で もウィーン・フィルとのベートーヴェン交響曲全集、ヨーロッパ室内 管とのシューベルト交響曲全集、シカゴ響とのチャイコフスキー交響曲全集を実現させ、オペラの全曲盤を複数制作するなど、その音楽作りの破格の充実ぶりが多数 のディスクに刻み込まれています。


■ウィーン・フィルとの貴重なハンガリー舞曲集全曲
アバドのそうした「充実の80年代」の到来を高らかに告げたア ルバムの一つが、この 1982年にウィーン・フィルと録音された ブラームスのハンガリー舞曲集(全曲)といえるでしょう。これは もともと 1983年のブラームスの生誕 150 年を記念して、ブラー ムス所縁のハンブルクに本社を置くドイツ・グラモフォンが威信 をかけて企画した「ブラームス大全集」の 1 枚として発売された もので、同全集中のシノーポリ/チェコ・フィルのオーケストラ付 き声楽曲集、ツィメルマンのピアノ・ソナタ全集、イェーナ/北ド イツ放送合唱団による無伴奏合唱曲全集などと並ぶ新録音と して同全集に投入される目玉のアルバムでもありました。長い 歴史を誇るドイツ・グラモフォンにとってもオーケストラによるハンガリー舞曲全曲録音はこのアバド盤が初めてであり、またウィーン・フィルにとっても同曲集を全曲録 音するのはこの時が初めてで(そして現在にいたるまで同フィル唯一の全曲盤)、二重の意味で貴重な録音でもありました。
 

■LP 時代から定評があったアバドのブラームス
アバドによるブラームス録音は、これ以前のアナログLP時代に、 4つのオーケストラを振り分けたブラームスの交響曲全集および 管弦楽曲集(=ドイツ・グラモフォン創立 75 周年企画でもありま した)があり、堅固な形式感を持ち、若々しい覇気と歌心に満ち た演奏が高く評価されていましたし、デッカにはニュー・フィル ハーモニア管を振った秘曲「リナルド」と「運命の歌」もあり、ブラームスの音楽との相性の良さは証明済みでもありました(この後のベルリン・フィル時代に完成させた交響曲全集は当シリー ズで 2018年12月に発売済み)。
このハンガリー舞曲集は、そう したブラームスとの親和性をさらに強く感じさせる演奏であり、急激なテンポの変化や特定のフレーズの強調といったような、民 族主義的・ジプシー的な変化球的要素をあまり持ち込まず、むしろストレートで純音楽的かつシンフォ ニックなアプローチを行なっているところが目(耳)を惹きます。オーケストレーションは、ブラームスも含め計7名の編曲者によっていますが、それぞれの差異を際立たせるのではなく、むしろ平均化したア プローチによって全体としての統一感を出しているのもこの演奏の特徴といえるでしょう。そしてそのア バドの音のキャンバスを豊かに彩っているのがウィーン・フィルの濃密なサウンドで、特にオーボエやク ラリネットのチャーミングな木管の個性的な響きが印象に残ります。


■最高の状態での Super Audio CD ハイブリッド化が実現
このハンガリー舞曲集がアバドのドイツ・グラモフォン録音の中で特異な位置を占めているのは、卓越 した演奏であるということのほかに、1950 年代後半から英デッカがウィーン・フィルの録音にほぼ独占 的に使用してきたゾフィエンザールで収録されていることが挙げられるでしょう。しかも(例えばバーン スタインのCBSへの「ファルスタッフ」や「ばらの騎士」のように)録音自体をデッカのスタッフに任せるの ではなく、録音に当たってはアバドの盟友だったプロデューサーのライナー・ブロックが率いるドイツ・ グラモフォンのチームがゾフィエンザールに乗り込んでいることでしょう(グラモフォンによるゾフィエン ザール録音は、1983 年 2 月のマゼール指揮の「ツァラトゥストラはかく語りき」「マクベス」があるくらいで、 極めてまれ)。残響の多いムジークフェラインザールと違って、木質で温かみがありながらも明晰な響き で収録できるゾフィエンザールの特性を生かしつつ、デッカほどには各声部をクローズアップすること なくオーケストラ全体の響きに溶け込ませているのは、グラモフォンの名エンジニア、クラウス・ヒーマン ならではのサウンド志向を貫いたものと申せましょう。それによってアバドの引き締まったスリムな音作り の魅力が生かされる形になっています。もともとが優秀なデジタル録音であり、リマスターは 2005 年に 一度 OIB 化されたのみであったため、 今回は初めてのDSDリマスタリングとな ります。今回の Super Audio CD ハイブ リッド化に当たっては、これまで同様、使 用するマスターテープの選定から、最終 的な DSD マスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業が行われています。 特にDSDマスタリングにあたっては、DA コンバーターとルビジウムクロックジェネレーターに、入念に調整されたESOTERIC の最高級機材を投入、また MEXCEL ケーブルを惜しげもなく使用することで、オリジナル・マスターの持つ情報を余すところなくディスク化すること ができました。 (エソテリック株式会社)

 

【収録内容】
ヨハネス・ブラームス (1833-1897):ハンガリー舞曲集
[1] 第 1 番  ト短調  アレグロ・モルト
[2] 第 2 番  ニ短調  アレグロ・ノン・アッサイーヴィヴァーチェ
[3] 第 3 番  へ長調  アレグレット
[4] 第 4 番  嬰へ短調 ポコ・ソステヌートーヴィヴァーチェ
[5] 第 5 番  ト短調  アレグローヴィヴァーチェ
[6] 第 6 番  ニ長調  ヴィヴァーチェ
[7] 第 7 番  へ長調  アレグレットーヴィーヴォ
[8] 第 8 番  イ短調  プレスト
[9] 第 9 番  ホ短調  アレグロ・マ・ノン・トロッポ
[10] 第 10 番  へ長調  プレスト
[11] 第 11 番  ニ短調  アンダンティーノ・グラツィオーソーヴィヴァーチェ
[12] 第 12 番  ニ短調  プレスト
[13] 第 13 番  ニ長調  アンダンティーノ・グラツィオーソーヴィヴァーチェ
[14] 第 14 番  ニ短調  ウン・ポコ・アンダンテ
[15] 第 15 番  変ロ長調  アレグレット・グラツィオーソ
[16] 第 16 番  へ長調  コン・モート
[17] 第 17 番  嬰へ短調  アンダンティーノーヴィヴァーチェ
[18] 第 18 番  ニ長調  モルト・ヴィヴァーチェ
[19] 第 19 番  ロ短調  アレグレット
[20] 第 20 番  ホ短調  ポコ・アレグレットーヴィヴァーチェ
[21] 第 21 番  ホ短調  ヴィヴァーチェ
 

オーケストラ編曲:ヨハネス・ブラームス(第 1 番、第 3 番、第 10番)、ヨハン・アンドレアス・ハレン(第 2 番)、パウル・ユオ ン(第 4 番)、マルティン・シュメリング(第 5 番~第 7 番)、ハンス・ガル(第 8 番、第 9 番)、アルバート・パーロウ(第 11 番~第 16 番)、アントニン・ドヴォルザーク(第 17 番~21 番)
 

【演奏者】
クラウディオ・アバド(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 

【録音】
1982年4月5日、6月1-2日、ウィーン、ゾフィエンザール

 

[初出]  2560100(1983年)


 [日本盤初出] ブラームス大全集-1/交響曲・管弦楽曲の 1 枚として:00MG0505~11(7 枚組) (1983年6月25日) 単独:28MG0573 (1983年9月1日)
 

[オリジナル・レコーディング]
[レコーディング・プロデューサー]ライナー・ブロック
[バランス・エンジニア]クラウス・ヒーマン
[エディティング・エンジニア]クリストファー・オールダー
 

[Super Audio CD プロデューサー] 大間知基彰(エソテリック株式会社)
[Super Audio CD リマスタリング・エンジニア]
 杉本一家(JVC マスタリングセンター(代官山スタジオ))
[Super Audio CD オーサリング] 藤田厚夫(有限会社エフ)
 [解説] 諸石幸生 小石忠男
[企画・販売] エソテリック株式会社
[企画・協力] 東京電化株式会社