ローラ・ボベスコ ルーマニア・エレクトレコード録音全集I(ステレオ編)

LOLA BOBESCO ローラ・ボベスコ

  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

14,960円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
ALTUS
国(Country)
JPN
フォーマット
LP(レコード)
組数
2
規格番号
ELECTLP001
通販番号
DFN170929-064
発売日
2017年10月20日
EAN
4543638600021
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

★ルーマニアの麗しきヴァイオリニスト、ローラ・ボベスコが祖国の「エレクトレコード」に録音したすべての音源をオリジナル・マスターテープからLP化。ステレオ編(ELECTLP 001/2、2枚組)とモノラル編(ELECTLP 003/5、3枚組)に分かれての発売です。 ★ボベスコはまず音楽教師であった父からヴァイオリンの手ほどきを受け才能を開花させ、その後オークレールやヌヴーなどの師として有名なジュール・ブーシュリにヴァイオリンを学びます。パリ音楽院を首席で卒業。イッセルシュテット&ベルリン・フィルとブラームスの協奏曲で共演し、イッセルシュテットに「これこそが音楽だ!」と言わしめるなど数々の伝説とともに華々しく活躍しました。1980年以降に7回来日、多くの日本のファンの心をつかんだヴァイオリニストでもあります。 ★ボベスコの音楽の特徴は、いかにも女性らしい繊細な音運びと等身大の表現力。華やかな技巧を聴かせつつも愛らしさのあるサン=サーンス、丁寧な演奏から不意に旋律の面白さが顔をのぞかせるバッハとベートーヴェン、古典的様式美の中に自由な感性が垣間見えるストラヴィンスキーとニン、ゆったりとしなやかで優しいモーツァルト、どれもが時を超えて人々に愛される味わい深い演奏です。 ※エレクトレコードのCDは東武ランドシステム株式会社様がお取扱いをしています。LPタイトルのみ、トーメイ電子株式会社(ALTUS)が製作・発売元となり、キングインターナショナルが販売いたします。 ※オリジナルの初期盤に見られた「イタリア組曲」の編集ミスは修正されています。 (資料提供:キングインターナショナル)【収録内容】[LP1-A]サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番ロ短調 Op.61 第1・2楽章 [LP1-B]サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番ロ短調 Op.61 第3楽章、序奏とロンド・カプリチオーソ Op.28 [LP2-A]J.S.バッハ:ヴァイオリン・ソナタ第4番ハ短調 BWV1017 [LP2-B]ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第8番ト長調 Op.30-3【演奏者】ローラ・ボベスコ(ヴァイオリン) [LP1]イラリオン・イオネスコ=ガラティ(指揮)、ブカレスト放送管弦楽団 [LP2]アルバート・ガットマン(ピアノ) 録音:[LP1]1979年12月、[LP2]1968年5月