SINGS THE HITS

JON SPENCER

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)
  • OUTLET

1,980(税込)

50%OFF 990円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
IN THE RED
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
ITR329
通販番号
DIN181026-001
発売日
2018年11月09日
EAN
0759718532920
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

大ヒット映画『BABY DRIVER』でオープニング・シーンでTHE JON SPENCER BLUES EXPLOSIONの代表曲の一つ、「Bellbottoms」がフル尺で大フィーチャーされ、日本は勿論世界でも再脚光を浴びたことも記憶に新しい。そのカリスマ的リーダー、JON SPENCERがセルフ・プロデュースによる初のソロ作品をリリース!

ザ・ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン(以下JSBX)として’92年にデビューして以来、10枚のアルバムをリリースし、本国US、ヨーロッパツアーはもとよりここ日本でも第一弾サマーソニックのヘッドライナー出演始め、フジロックフェスティバル、ROCK IN JAPAN FESTIVALを含む計15回の来日公演を果たす等精力的な活動を続けてきたジョン・スペンサー。

ここ近年においても、2015年に全国公開された作家・伊坂幸太郎氏原作の映画『グラスホッパー』では、伊坂氏がかねてからジョン・スペンサーの大ファンだったことから、作品に登場する架空のカリスマ的ミュージシャン、“ジャック・クリスピン”として劇中挿入歌を書き下ろした他、音楽と映像の見事なシンクロが話題となった’17年公開の大ヒットアクション映画『ベイビー・ドライバー』でも、やはりジョン・スペンサーの大ファンであったという監督エドガー・ライトの演出により、代表曲「ベルボトムズ」がオープニング・シーンで大フィーチャーされ、更に実際の映画にカメオ出演し再脚光を浴びる等、その唯一無二のカリスマ的存在感で依然としてファンを魅了し続けている。

そんなジョン・スペンサーは、バンド・リーダーとしては勿論、全作品のアート・ディレクションからミュージック・ビデオのプロデュース、バンド・マネジメントから楽曲管理ビジネスまで全てを一人で担うという、正真正銘のDIYを体現してきたというから驚愕であるが、本作はそんな彼らしい拘りが詰まった、正に“ジョンスぺ度120%”の作品となっている。

レコーディングは’12年発表の『ミート・アンド・ボーン』他、ジャック・ホワイトやザ・キルズ、ブラック・キーズら錚々たるアーティストの作品を生み出した、シカゴ郊外に位置するヴィンテージ・スタジオ、“キー・クラブ・レコーディング・カンパニー”にて、エンジニアのビル・スキビーと本人の共同プロデュースにより、かねてから親交のあったサム・クームズ (Quasi, Heatmeiser/シンセサイザー担当) 、Mソード(ドラム担当)を迎えて行われた。ジョン本人は作詞、作曲とヴォーカル、ギター、そしてメタル・パーカッション(=豪雪のシカゴで自らジャンクヤードで掘り起こしあてたというシボレーのガソリン・タンクだという)を担当しているが、 「考え過ぎず、自分の直感を信じてやりたいことをとにかくやった」と語るように、正に彼の“初のソロ作品”と呼ぶにふさわしい初期衝動に溢れた、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンの初期作品を彷彿とさせる、“計算しつくされ完璧な形でぶっ壊れた”、プリミティブ且つスタイリッシュなロックンロール純度120%のアルバムに仕上がっている。

ソングリスト

  • 1. Do the Trash Can
  • 2. Fake
  • 3. Overload
  • 4. Time 2 Be Bad
  • 5. Ghost
  • 6. Beatle Boots
  • 7. Hornet
  • 8. Wilderness
  • 9. Love Handle
  • 10. I Got the Hits
  • 11. Alien Humidity
  • 12. Cape