クレンペラー最後の演奏会

OTTO KLEMPERER オットー・クレンペラー

国内流通仕様・日本語解説付き

  • CD
  • 取引先新品在庫あり
  • (3日~7日後に発送)

2,530円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
キングインターナショナル
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
KKC6084
通販番号
DIN191009-012
発売日
2019年11月20日
EAN
4909346019362
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

★1971年9月26日のコンサートは、クレンペラーが"ライヴ"による音楽作りに別れを告げることを意図して行なわれたものではなかった。87歳にして、この指揮者はまだ現役の音楽家であり続けることを望んでいた。スウェーデン生まれのピアニスト兼作曲家で、クレンペラーの音楽活動を親身に手助けしたオットー・フロイデンタールによれば、「彼は録音には興味がなかったし、熱い感情をまったく抱いていなかった。彼にとって録音セッションはコンサートのためのリハーサルだった」。 ブラームスの後期のキャリアにより深い興味を抱いていたクレンペラーは、この作品(3番)の難しい管楽器のバランスに取り組むことを楽しんでいた。晩年になっても衰えないクレンペラーの"いつも新しいことに挑戦したい"という意欲はリハーサルに表れている。第1楽章で、彼はブラームスの管楽器の書法をできるだけ鮮明にしようと努めており、ある時点でオーボエに"大声で歌わせ"、弦楽器の音量を下げている。また弦楽のパートのエスプレッシーヴォの記号を最大限に生かし、ホルンから重要なカウンターメロディを引き出し、しばしばppの記号をpppで演奏させようとしている。注意深い聴取、静かな考察、主に左手で演奏を導く技法によって、彼の意図はすべて達成された。 ・・ブラームスの演奏は、ほとんどの新聞のコンサート評によれば、"壮大"だった。翌朝、早く起きたクレンペラーはアビー・ロードで『セレナード』の録音を完了した。・・1972年1月、膀胱炎の発作に襲われて体調を崩した。・・1973年7月6日、チューリッヒで亡くなった。 (マイク・アシュマン/川嶋文丸訳、ライナーノーツ/日本語解説書より) (資料提供:キングインターナショナル) 【収録内容】[CD1]ベートーヴェン:「シュテファン王」序曲 Op.117、ピアノ協奏曲第4番 ト長調 Op.58 [CD2]ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調 Op.90 【演奏者】オットー・クレンペラー(指揮) ニュー・フィルハーモニア管弦楽団、ダニエル・アドニ(ピアノ) 録音:1971年9月26日 ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ロンドン(ライヴ)(MONO)