ベートーヴェン:交響曲第9番

OTTO KLEMPERER オットー・クレンペラー

国内流通仕様・日本語解説付き

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,530円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
キングインターナショナル
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
KKC6074
通販番号
DIN191009-019
発売日
2019年11月20日
EAN
4909346019294
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

★同じく1957年に行われた有名なEMIへのスタジオ録音と全く同じメンバーによって行われた演奏会のライヴ録音。フィルハーモニア管と良好な関係を築きつつある頃のクレンペラーのステレオ・ライヴ盤「第九」、待望の国内盤、再発売。日本語解説書(オリジナル・ライナーノーツの和訳+曲目解説+歌詞対訳)付。 ★『第9交響曲』のコンサートは10月11日からスタートするロンドンでは初のクレンペラーによるベートーヴェン交響曲チクルスのハイライトだった。それと同時にクレンペラーは残りの6つの交響曲を録音した。『第9交響曲』の録音はコンサート後の11月21日と25日に行なわれた。ベートーヴェン解釈者としてのクレンペラーの輝かしい名声が定着したのは、この大きな成功を収めたチクルスによってだった。・・・(中略) コンサートは目覚ましい成功を収めた。一般の聴衆もメディアもフィルハーモニア合唱団の音の厚みと資質に深い感銘を受けた。歌手たちは特別な空気に触発された。交響曲の最初の3楽章が演奏されるあいだに興奮と期待が高まり、終楽章で仲間とともに力量を示すことができた、とロナルド・アーチャーは述懐する。(アラン・サンダース/川嶋文丸訳、ライナーノーツ/日本語解説書より) (資料提供:キングインターナショナル) 【収録内容】ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 Op.125「合唱」 【演奏者】オットー・クレンペラー(指揮) フィルハーモニア管弦楽団&合唱団 (合唱指揮:ヴィルヘルム・ピッツ) オーセ・ノルモ=レーヴベリ(ソプラノ)、クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)、ヴァルデマール・クメント(テノール)、ハンス・ホッター(バス) 録音:1957年11月15日 ロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ロンドン(ライヴ) (STEREO)