• CD
  • 新品在庫取寄せ
  • (2週間~1ヶ月後に発送)

2,035円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
DHM (DEUTSCHE HARMONIA MUNDI)
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
19439711162
通販番号
DIN200306-054
発売日
2020年04月03日
EAN
0194397111620
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

「彼女が楽器を吹き始めると、驚きが止まらない――この柔軟性、火花、そしてエネルギー!」と絶賛を受ける名手が、イタリア・ルネサンス~バロック音楽の感情豊かな秘宝に光を当てる。《ドロテー・オーバーリンガー/ ディスカヴァリー・オブ・パッション》★ドロテー・オーバーリンガーの新録音は、「ディスカヴァリー・オブ・パッション(=感情の発見)」と題され、16世紀から17世紀にかけてのルネサンスからバロックへの転換期、つまり、それまでの時代の音楽と違って、感情や情熱といった要素をより豊かに表現できるような新たな音楽語法が創り出された時代に生まれた作品に新たな光を当てています。この時代、特にフィレンツェ、フェラーラ、ヴェネツィア、ローマ、ナポリのイタリア文化の中心地となる多くの都市では、新たな音楽理論をもとに、作曲家の感情が音楽に反映されるようになり、豊かな旋律や和声を通じて音楽に盛り込まれた感情の起伏が聴き手にも直接伝わるようになりました。ソナタやカンツォーナといった小さな形式の器楽曲にさえ、連続する不協和音や息をのむほどの速いパッセージによって、絶望や怒りといった感情の大きな起伏が盛り込まれるようになったのです。★このアルバムは、モンテヴェルディ、メールラ、フレスコバルディ、ロッシ、バッサーノ、ヴィターリなど、当時のイタリアの最先端を走っていた重要な作曲家による作品を収録しています。このアルバムは、ヴァイオリン奏者、指揮者、そしてカウンターテナー歌手という3つの顔を持つ、カリスマにして型破りの音楽家であるドミトリー・シンコフスキーとの共演が実現し、これによりレパートリーは魅力的なアリアに囲まれています。オーバーリンガーとシンコフスキー、オーバーリンガー自身のピリオド楽器アンサンブル、「アンサンブル1700」の楽器奏者も加わり、説得力ある音楽が繰り広げられています。 (資料提供:ソニーミュージック) 【収録予定曲】[1] サラモーネ・ロッシ:『シンフォニアとガリアルダ集第1巻』より 「シンフォニア第2番:in Eco」[2] ダリオ・カステッロ:『現代的なソナタ・コンチェルターテ第1巻』より 「ソナタ第1番」[3] ジョヴァンニ・バッサーノ:『リチェルカーレ,パッサージョ,カデンツ集』より 「リチェルカータ第3番」[4] タールキニオ・メールラ:『教会と室内のための協奏的ソナタによるカンツォン第3集Op.12』より「第20番:チャコーナ」[5] ジョバンニ・バティスタ・ヴィターリ:『ソナタ・パルティータ集』より 「パッサ・ガッリ」[6] ジョヴァンニ・パオロ・チーマ:『教会音楽集』より 「4声のソナタ」[7] ピエトロ・パドロ・メッリ:『リュートのためのインタボラトゥーラ第5巻』より「半音階的カプリッチョ」[8] クラウディオ・モンテヴェルディ:『ミラヌッツィの優美なアリオーソ第4巻』より「苦しみが甘美なものなら」[9] フランチェスコ・ロニョーニ:『種々のパッセージの森』より「ああ私はこんなに傷ついて」[10] タールキニオ・メールラ:『教会と室内のための協奏的ソナタによるカンツォン第3集Op.12』より「ラ・カタリーナ」[11] ジョバンニ・バッティスタ・フォンタナ:『ヴァイオリン・ソナタ ニ長調』F.1475.02[12] クラウディオ・モンテヴェルディ:『ポッペアの戴冠』より「ここに戻ってきてしまった」[13] クラウディオ・モンテヴェルディ:『マドリガーレ集 第8巻「戦いと愛のマドリガーレ」』より「今や天と地と風が黙し」SV.147[14] ジョヴァンニ・バッティスタ・スパーディ:『段階ごとの上行と下行のパッサッジョの書』より「たとえ再び別れても」(リュート編曲版)[15] ジローラモ・フレスコバルディ:『カンツォーナ集第2巻』より「ラ・ベルナルディーニャ」(リコーダーとオルガン編曲版)[16] ミケランジェロ・ロッシ:『オルガンとチェンバロのためのインタボラトゥーラによるトッカータとクラント』より「トッカータ第7番」[17] タールキニオ・メールラ:『転落したクルツィオと様々なカプリッチョ集第2巻Op.13』より「|そんな馬鹿げたことを」[18] マルコ・ウッチェリーニ:『ソナタ、アリアとクラントOp.3』より「ベルガマスカのアリア第5番」 【演奏】ドロテー・オーバーリンガー(リコーダー) ドミトリー・シンコフスキー(ヴァイオリン、カウンターテナー) ジェレミー・ジョゼフ(チェンバロ、オルガン) ルーカ・ピアンカ(リュート) マルコ・テストーリ(チェロ) アンサンブル1700 【録音】2019年10月14-18日、ケルン、ドイチュラント放送カンマーザール