• CD
  • 取引先新品在庫あり
  • (3日~7日後に発送)

2,750円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 特典終了
レーベル
ワードレコーズ
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
GQCS-90711
通販番号
HMHR190326-201
発売日
2019年05月24日
EAN
4562387209354
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

【国内盤】
【2019年5月24日発売】
<こちらの商品は金曜日販売開始商品となります。>
お届けは発売日以降となります。(※前日には到着しませんのでご了承下さい。)


2007年、イタリアのペルージャで結成されたフレッシュゴッド・アポカリプスはそのエクストリームなデス・メタルと重厚なオーケストラ・サウンドで、ヨーロッパのメタル戦線で勝利を収めてきた。『Oracles』(2009)で“神託”、『アゴニー』(2011)で“苦悶”、『ラビリンス』(2013)で“迷宮”、『キング』(2016)で“王者”と、異なったテーマに取り組みながら、アルバムを追うごとにエクストリームに、そしてシンフォニックに成長してきた彼らが5作目のアルバムで描くのは“ヴェレノ=毒”の世界だ。 バンドの創始者の1人であるフランチェスコ・パオリがリード・ヴォーカル/リード・ギターとして本格的にバンドのフロントマンになったことで、彼のクリエイティヴな衝動がさらに結晶化された本作。“自然発生的”で“実験的”なアプローチを取ったことで、オーガニックな攻撃性が露わになっている。

1曲目「フューリー」はタイトルが示唆するように憤怒に満ちたメタル襲撃とオーケストラの怒濤が聴く者を翻弄する。「カーニヴォラス・ラム」「ワーシップ・アンド・フォーゲット」はすべてを焦土に帰すエクストリーム・ナンバーであり、感情の起伏をシネマチックに描く「モナリザ」、勇壮なる叙事詩「エンブレイス・ジ・オブリヴィオン」、女声オペラチック・ヴォーカルをフィーチュアした「ザ・デイ・ウィール・ビー・ゴーン」などと化学融合を果たすことで、凄まじいうねりを生み出す。メタル・パートとオーケストラ・パートの相乗効果がお互いを高め合う音のモノリスとなっている。

 「このアルバムにおける作曲能力の向上は明白」とフランチェスコが胸を張る本作は、イタリアの豊潤なる伝統文化と暴虐のヘヴィ・メタル・カルチャーが邂逅を果たした記念碑的作品だ。

ボーナス・トラックはラムシュタインのカヴァー「ライゼ・ライゼ」。現代ヨーロッパを代表するドイツのモダン・メタルの雄の曲がシンフォニックに生まれ変わっている。
 

※メーカー・インフォメーションより

ソングリスト

  • 1. フューリー
  • 2. カーニヴォラス・ラム
  • 3. シュガー
  • 4. ザ・プレイング・マンティス・ストラテジー
  • 5. モナリザ
  • 6. ワーシップ・アンド・フォーゲット
  • 7. アブシンス
  • 8. ピッシング・オン・ザ・スコア
  • 9. ザ・デイ・ウィール・ビー・ゴーン
  • 10. エンブレイス・ジ・オブリヴィオン
  • 11. ヴェレーノ
  • 12. ライゼ、ライゼ(ラムシュタイン カヴァー)*Bonus Track
  • 13. ザ・フォーセイキング (ノクターナル・ヴァージョン)*Bonus Track