• CD
  • 売切
  • (注文不可)

2,700円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 特典終了
  • 試聴可能
レーベル
インパートメント
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
通販番号
LT4160
発売日
2012年02月19日
EAN
4532813031712
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

■アルゼンチン音楽手帖掲載品■

ついに・・・発表!!
■カルロス・アギーレ2012年ニュー・リリース■
現代アルゼンチン・コンテンポラリー・フォルクローレ音楽の最重要人物、カルロス・アギーレが、遂に2012年新作を発表。造形芸術的な深いサウンド・クリエイト/コンポーズ・センスで、今や世界最高の音楽家と謳われる天才が、新たに魅せる美音の世界。数々の豪華ミュージシャンをゲストに迎え、アルゼンチンはもとより南米各地で録音された本作は、アギーレのキャリア集大成にして、新たな出発点ともなる作品

『VIOLETA (2008年)』以来、実に4年振りの新録作品。ラテン・アメリカ各地にて録音され、じっくりと完成させた珠玉の14曲を収録。ゲストに、モノ・フォンタナ(piano #1)、グラストン・ガリッツァ(vocal #4)、ホルヘ・ファンデルモーレ(vocal #5)、フアン・キンテーロ(vocal #5)、モニカ・サウマーゾ(vocal #6,14)、キケ・シネシ(guitar #6)、フランチェスカ・アンカローラ(vocal #8)、そしてウーゴ・ファットルーソ(vocal、keyboard #9)ほか、多数参加。その他にもフェルナンド・シルヴァ、セバスチャン・マッキ、ゴンサーロ・ディアスなどなじみのミュージシャンもサポートし、サウンドの屋台骨を支えている。

これまで数々の名曲を書いてきたアギーレならではの「歌心」が、アルバム全体を満たし、洗練された優美なハーモニーと共に心に迫る。彼本来の美しい幽玄の音世界を中心にしながらも、過去の作品とはひと味違う、ラテン・アメリカならではの「陽性」を随所に湛えているのは、製作過程を大きく反映したもの。

これまで、アギーレ作品のアートワークを手掛けてきたパメラ・ヴィジャラーサ氏によるイラストを全面的にあしらったジャケットも、高い完成度。タイトル「オリジャニア(Orillania)」は、「岸辺」「沿岸」を意味する「Orilla」を元にしたアギーレの造語と思われ、都会の喧騒から離れ、パラナ河のほとりに住み、河を創作活動の源にするアギーレの思いが込められた美しい響きのタイトルだ。

まさに世界が待ち望むニュー・アルバム..!!
(メーカー・インフォメーション含む)


(p) Ryo Mitamura

ソングリスト

  • 1. El hombre que mira el mar
  • 2. Casamiento de negros
  • 3. Preparativos del viaje de la ratita Amelia a casa de su tia Clelia
  • 4. Naufrago en la orilla
  • 5. El diminuto Juan
  • 6. Con los primeros pajaros de la manana
  • 7. Rezo
  • 8. El hechizo de tu nombre
  • 9. Puerto
  • 10. Peces de luz
  • 11. Caracol
  • 12. Pueblos tristes
  • 13. Compadres candomberos
  • 14. Con los primeros pajaros de la manana (Bonus track)