LIVE AT THE ELECTRIC THEATRE CO, CHICAGO, 1968 (180G 2LP)

TIM BUCKLEY ティム・バックリー

  • レコード
  • 新品在庫取寄せ
  • (5日~3週間後に発送)

3,300円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
DEMON
国(Country)
EU
フォーマット
LP(レコード)
組数
2
規格番号
DEMREC552
通販番号
RY191101TB02
発売日
2019年11月25日
EAN
5014797901063
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

68年未発表ライヴ音源が発掘180グラム重量盤2LPアナログ・リリース!

68年5月3-4日、シカゴはELECTRIC THEATRE COMPANY公演を収録。

クレジットの残されていないベース・プレイヤーと、信頼するサイドマンCARTER C.C. COLLINSのコンガにバックアップされた20歳そこそこの悩ましく若きTIM BUCKLEY。頭に浮かぶアイデアを試すように歌い紡ぐ名演の一夜は、翌69年7月の『HAPPY SAD』で本格的にジャズへ、さらにはアヴァンギャルドな『STARSAILOR』へと舵を取ることになるTIMの、オールド・フォークな感触をモダンなイディオムで表出した純粋フォーク・シンガーな貴重な一時期を捉えています。

『HAPPY SAD』からの"SING A SONG FOR YOU"に"GYPSY WOMAN"、69年11月の『BLUE AFTERNOON』に収録される"HAPPY TIME"、さらに『HAPPY SAD』セッションでも残された2曲、ベトナム反戦も見据えたシヴィル・ウォー・バラッド"WAYFARING STRANGER"、FRED NEILの"THE DOLPHINS"に、

99年発掘の68年未発表マテリアル集『WORKS IN PROGRESS』でもお目見えした当時のアルバム用セッション楽曲"DANANG"や"THE FATHER SONG"、ポピュラー・ソング"HI LILY, HI LO"のカヴァー、また心の師FRED NEILが同年リリースしたばかりの名作『SESSIONS』からの"LOOKS LIKE RAIN"、同じくNEILの"ROLL ON ROSIE"や一発屋JAYNETTSのR&Bクラシック"SALLY GO ROUND THE ROSES"をベースにしたインプロヴィゼーションなどなど、

フォーク・シンガーとしてのTIMのルーツを際立たせるジェントリーでシンプルな名演ながら、もちろん一筋縄ではいかないカラフルでジャジーなTIMの音世界はすでにこぼれ落ちはじめています。

エンジニアBILL INGLOTによるマスタリング。長年のお抱えリード・ギタリストLEE UNDERWOOD、TIMの学友でもある盟友リリシストLARRY BECKETTらへのインタビューに基づいた 一連の発掘を手掛けるアーカイヴィストPAT THOMASによる注釈掲載インナー・スリーヴ。

ソングリスト

Disc 01

  • 1. Sing a Song for You
  • 2. Danang
  • 3. Improvisation On Roll On Rosie
  • 4. Hi-lili, Hi-lo
  • 5. Improvisation On Sally Go Round the Roses
  • 6. Big River
  • 7. Look Out Blues
  • 8. Gypsy Woman

Disc 02

  • 1. Dolphins
  • 2. Looks Like Rain
  • 3. Green Rocky Road/Hush/Little Baby
  • 4. Happy Time
  • 5. The Father Song
  • 6. Wayfaring Stranger