• CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,530円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
production dessinee
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
VSCD9454
通販番号
WOR25600
発売日
2014年03月19日
EAN
4540399094540
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ブラジルが生んだ素晴らしい才能=ゼ・マノエウ。穏やかで深い歌声を持つ才能豊かな若きシンガー・ソング・ライターが聴かせるのは、華麗で小気味よいピアノを軸にした、全編が極上のメロディで満たされた麗しきジャジーなサンバの数々。驚くべき才能が生んだデビュー作にして大傑作。

ブラジルの地方都市ペトロリーナ生まれ、現在はレシフェに移り住み活動を続ける若き男性ピアニスト/SSW、ゼ・マノエウのデビューアルバム『ゼ・マノエウ』は驚きの連続。自身が奏でるピアノと、その穏やかで程よくクロい歌声を軸にして聴かせるのは、60年代、70年代の良質のボサノヴァ、サンバ、ショーロなどからの影響をベースにした楽曲達。ただ、特筆点は、色濃く感じさせるジャズの素養、一聴で聴く者を虜にしてしまうメロディのセンスの良さである。

オープニング曲「01. Sol das Lavadeiras」のピアノの弾き語りで聴かせる、出だし部分を聴けば納得。ポルトガル語で歌われるジャズヴォーカル曲にサンバのアレンジを施したかのようなミックス感覚が、彼のスタイルの一つ。より、トラディショナルなサンバ/ボサノヴァ的な「02. Deixar Partir」などでもピアノは効果的に姿を現し、彼のオリジナリティを感じさせてくれる。そして続く「03. Samba Tem」、「04. Fantasia de um Alecrim Dourad」は本作の最初のハイライト。跳ねるピアノのイントロから心が躍るような前者は、ポップなメロディも最高なサンバ・ジャズな大名曲。確実に一聴で覚えてしまえるようなキラーな1曲。美しくも切なげなピアノのフレーズが最高な後者も、穏やかな雰囲気とジャジーでドラマチックな曲調が感動的。同系の「07. Noites Brejeiras」、ワルツの「10. Valsa da Ilusao」に、エレピでしっとり聴かせる「06. Acorda Flor」など、素晴らしい楽曲が揃うが、一転、力強いリズムが印象的なファンキージャズ的な「05. Dizem」、「12. Saraivadas de Felicidade」、程よくソウルフルなアプローチで聴かせるサンバ・ソウルな「11. Samba Manco」なども、非常にクオリティの高いナンバー。終盤、アルバムをしめやかに締めくくる、女性ヴォーカリストとのデュエット曲「13. Acabou-se Assim」、「14. Calundu」なども、実に美しい曲調とアレンジで楽しませ、アルバムとしての完成度をより高い次元へと導いてくれている。

まさに、捨て曲無しと言うべき素晴らしいクオリティの本作『ゼ・マノエウ』がデビュー作と言う点も驚くべきだが、その才能は既にブラジル本国では高く評価されており、ユニセフへの楽曲提供や、主要なフェスティバルへの出演など、その活動は既に多岐に渡っている。


ゼ・マノエウ (Ze Manoel):
ブラジル、ペルナンブーコ州の地方都市ペトロリーナ生まれの男性ピアニスト/SSW。ジャズの素養を多分に感じさせる鍵盤さばきと、深くも穏やかな歌声、類い稀なメロディセンスが輝く若きアーティスト。2004年にブラジルのフェスティバルに出演した事をきっかけに注目を集める。現在までにブラジルでは数多くのフェスに招待され、ユニセフの依頼で楽曲を提供するなど、本国でも大きな注目を集めつつある。現在はレシフェに移り住み活動を続ける。
(インフォメーションより)

ソングリスト

  • 1. Sol das Lavadeiras (part. Grupo Bongar)
  • 2. Deixar Partir
  • 3. Samba Tem
  • 4. Fantasia de um Alecrim Dourado
  • 5. Dizem (Quem não chora não mama)
  • 6. Acorda Flor
  • 7. Noites Brejeiras
  • 8. Cinema Nacional (part. Isadora Melo)
  • 9. O Pintor de Retratos
  • 10. Valsa da Ilusão
  • 11. Samba Manco (part. Mavi Pugliesi)
  • 12. Saraivadas de Felicidade
  • 13. Acabou-se Assim (part. Carol Costa)