YEARS TO BURN / イヤーズ・トゥ・バーン

CALEXICO AND IRON & WINE キャレキシコ・アンド・アイアン&ワイン

CalexicoとIron & Wineによる14年ぶりコラボ!

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,640円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 紙ジャケ
レーベル
OCTAVE、SUB POP
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
OTCD-6765
通販番号
XAT-1245710601
発売日
2019年09月04日
EAN
4526180483953
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

キャレキシコとアイアン&ワインよる14年振りのコラボレートが実現!2005年の『イン・ザ・レインズ』に続く奇跡のアルバム『イヤーズ・トゥ・バーン』をリリース!

■解説付き

"Both acts are stronger for having worked with each other" -Pitchfork

CalexicoとIron & Wineによる2005年のEP『In the Reins』は高い評価を獲得。チャートにもランクインし、後にBob Dylanのカヴァー「Dark Eyes」で彼らは共演(サウンドトラック『I'm Not There』に収録)。CalexicoのJoey BurnsはIron & Wineのアルバム『The Shepherd's Dog』でフィーチャーもされた。当『Years ToBurn』はEP『In the Reins』以来、実に14年振りのコラボレート作品となる。

2018年12月、Sam Beam, Joey Burns and John Convertinoの三人はレコーディングの為、ナッシュビルで再会。スティール・ギター・プレイヤーのPaul Niehaus、Calexicoのトランペット・プレイヤー、JacobValenzuela、Iron & Wineのピアノ、Rob Burger(Tin Hat Trio)、同じくIron & Wineのベース、SebastianSteinberg(Soul Coughing、Fiona Apple)と共に、Jack Clementが設立したことでも有名なスタジオ、Sound Emporiumに入った。『In the Reins』同様、Sam Beamがアルバムのソングライティングをリード。一方、Joey Burnsは最終的に自身のアイデアをそこに追加した。また、両者は制作にあたり違ったアプローチをとった。Sam Beamは緻密なデモを事前に共有しアレンジの準備も行っていたが、Joey Burnsは全体のコンセプトを持ち、即興を生かすやり方をとった。
アルバムの共同プロデュースとエンジニアは、Margo Priceの『Midwest Farmer’s Daughter』やJason Isbellの『Something More Than Free』でも知られるグラミー・ウィナー、Matt Ross-Spangが担当。2019年3月にはリード・トラック「Father Mountain」が公開された。

ソングリスト

  • 1. What Heaven's Left
  • 2. Midnight Sun
  • 3. Father Mountain
  • 4. Outside El Paso
  • 5. Follow the Water
  • 6. The Bitter Suite (Pajaro / Evil Eye /Tennessee Train)
  • 7. Years to Burn
  • 8. In Your Own Time