Legends Live - Audimax Freiburg on June 22, 1964(LP/180G)

ALBERT MANGELSDORFF アルバート・マンゲルスドルフ

  • レコード
  • 売切
  • (注文不可)

4,085円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
ARTHAUS MUSIK
国(Country)
GER
フォーマット
LP(レコード)
規格番号
JH101727
通販番号
XATW-00129097
発売日
2013年07月01日
EAN
0807280172799
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

*LP/180G重量盤
ドイツが生んだ革新的トロンボーン奏者マンゲルスドルフ驚きの64年録音。世界の先端走ってます
2005 年に生涯を閉じるまで、革新的な演奏者でありつづけたアルバート・マンゲルスドルフの1964年6月22日、フライブルグの公演を収めた未発表作品。マンゲルスドルフと共にフロントに立つのは、ハインツ・ザウワー、グンター・クロンバーグ。このクインテットでは、1963年にデビュー作『Tension!』を発表。1964年には『Now Jazz Ramwong』をレコーディングし、本公演はその2週間後。勢いに乗ったグループの演奏が繰り広げられます。キャリア初期1950年代には、レニー・トリスターノ的なクールな演奏を聴かせ、自身もクール・ジャズからの影響を口にしていますが、1958年にニューポート・インターナショナル・ユース・バンド”に参加し、アメリカのレジェンズとも共演。強烈な刺激を受けて以来、音楽の独自性を追求し、時代と共に、先陣を切って変化し続けたのがマンゲルスドルフ。この時代は、テクニックも抜群にクリアなフレージングを矢継早に繰り出し、3管の、スリリングかつ、切れ味の鋭い演奏を聴かせます。サウンド的には、ピアノレスで、1960年代中頃のウェイン・ショーターや、ジョー・ヘンダーソン辺りと肩を並べ、後に新主流派と呼ばれる新しいムーヴメントの世界も匂わせる高テンションの演奏。本パフォーマンスを聴くと、アメリカのシーンを視野に入れても、1964年において如何にマンゲルスドルフが斬新であったかにも驚かされ、またヨーロッパのジャズ・シーンにおいての影響力の大きさも感じます。中には「Sakura Waltz」などという楽曲も。日本のトラッド「さくら」のフレージングを下敷きにしたジャズ。この辺りのセンスも斬新そのものです。もともと、戦前のドイツにおいて、ナチに拘束されたという経歴も持ち、反骨の政治意識も強いアーティスト。この後70 年代には、ペーター・ブロッツマンや、ハン・ベニンクらと共演。グローブ・ユニティ・オーケストラへの参加、またジャコ・パストリアスとの野心作『Tri ol ogue』も発表していくマンゲルスドルフですが、60年代の半ばにして、このサウンド。とても半世紀前の音とは思えない音に驚くとともに、歴史の偉大なる一頁が明らかになるこのリリースに貴重さを感じます。

■Albert Mangelsdorff (tb)
Heinz Sauer (ts,ss)
Gunter Kronberg (as)
Gunter Lenz (b)
Ralf Hubner (ds)

ソングリスト

  • A1. Now Jazz Ramwong
  • A2. Set ’em Up
  • B1. Raknahs
  • B2. Burungkaka
  • B3. Theme from Pather Panchali