【JAZZ】2022年ソウル・ジャズ復刻の目玉盤!サム・サンダース「Gift Of Love」が初アナログ・リイシュー

  • PORTAL
  • ニュース

2022.11.24

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン JAZZ


※LP
2022年ソウル・ジャズ復刻の目玉盤!!
デトロイト・ソウル・ジャズの伝説的人物サム・サンダースが生前に残した唯一のリーダー作にして世界中のファンがウォントする激レア盤が遂に初アナログ・リイシュー!

デトロイトでポスト・バップのシーンを支える名サックス奏者として高い評価を得ていた伝説的人物サム・サンダースが1983年に発表した生前に残した唯一のリーダー作品にして世界中のファンがウォントする激レア盤「The Gift Of Love」が遂に初アナログ・リイシュー!
高校時代はなんとアリス・コルトレーンと同級生で共に演奏をしていたというサム・サンダースの音源について、現在でも60~70年代の彼のセッションのほとんどが残っていない、あるいは未発表のままとも言われています。
2000年に他界するまで、ファラオ・サンダースやローランド・カーク、ミルト・ジャクソンといったジャズメンからスティーヴィー・ワンダーといったソウル界の重鎮まで幅広く共演しており、その演奏の定評とは裏腹に音源が残されていないという意味でも本作は大変貴重な1作と言えるでしょう。

本作の内容も、ソウル・ジャズ、ポスト・バップ、スピリチュアル・ジャズの美味しい部分がどれにも偏らずに良い塩梅のバランス感で演奏されたSTRATAレーベル好きはもちろん、多くのジャズファンに楽しんでいただきたい作品です。
これは2022年ソウル・ジャズ復刻の目玉盤と断言いたします!

■Bass – Ed Pickens
Tenor Saxophone – Sam Sanders
Drums – Jon Knust
Piano – Kenn Cox (A3, B3), Michael Zaporski