【昭和歌謡】3/29発売 川添象郎 日本のポップ音楽で世界に衝撃を与えたプロデュース作品集!

  • PORTAL
  • ニュース

2023.02.03

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン 昭和歌謡


日本のポップ音楽で世界に衝撃を与え、音楽の新たな時流を築き上げたプロデューサー川添象郎(かわぞえしょうろう)。

天才的感性と圧倒的眼力・発想力・創造力・突破力で1960年代からの40余年間で彼が音楽史に深く名を刻んだプロデュース作品を収録。
吉田美奈子、佐藤博、ハイ・ファイ・セットなど今や世界で"シティポップ"として高く評価される音楽をプロデュース。YMOの世界進出と国内での社会現象化。「そばにいるね」(青山テルマ feat. SoulJa)の音楽ダウンロード数日本最高記録樹立。音楽プロデューサーとしての実績は他に類を見ないほど数多く多岐に渡る一方、ミュージカル「ヘアー」日本版プロデュースや国内初のインディーズレーベル『マッシュルーム・レコード』の設立といった斬新な取り組みで歴史の扉を開けた彼の功績は極めて大きい。

本作は2枚のディスクにそれぞれ歌唱作品(Disc1)とインストゥルメンタル作品(Disc2)を収録。「そばにいるね」、「アメリカン・フィーリング」、「学生街の喫茶店」など時代を彩ったヒット曲をはじめ、シティポップと形容される名曲、世界的に評価された圧巻のインスト曲など音楽の真髄を心から楽しむことができる全28曲。ボーナストラックにフラメンコギターの名プレイヤーでもある川添自身の1966年録音の音源が収録された。

また、川添と約60年間公私共に深い親交がある村井邦彦氏による寄稿、北中正和氏による楽曲解説は川添象郎を知る貴重な読み物となっている。

昨年、川添象郎の自伝となる『象の記憶』(DU BOOKS)が出版され偉大なプロデューサーの存在が改めてクローズアップされた。本作は音楽による川添象郎の自伝として音楽的・資料的に価値の高いプロダクツである。