【PROGRE】PORCUPINE TREE 12月下旬: 先鋭的なサウンドとジャンルを超えた音楽性で人気を獲得している、モダン・プログレシーンを代表するバンドの最新ライブ映像作品がBlu-ray+DVDの2枚組でリリース!

  • PORTAL
  • ニュース

2023.11.29

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン PROGRESSIVE ROCK


先鋭的なサウンドとジャンルを超えた音楽性で人気を獲得している英国を代表するロック・バンド、ポーキュパイン・ツリー。2022年6月に13年ぶり11作目となるスタジオ・アルバム『クロージャー/コンティニュエイション (Closure/Continuation)』を発売。
この新作は多くの媒体のレビューで高い評価を得て、全英アルバム・チャートで2位、ドイツで1位に上り詰めたほか、ヨーロッパ全土でトップ10入りを果たした。リリース後のアリーナ・ツアーは4大陸を横断し、15万人以上を動員したが、その観客の多くはそれまで彼らを観たことがなかった。公演は毎回3時間近くにわたり、この10年間手付かずの状態で眠っていた深く豊かな旧作群を掘り下げたものであり、ファンの反応は行く先々でまさに熱狂そのものだった。
今回発売される『クロージャー/コンティニュエイション・ライヴ』は、ポーキュパイン・ツリーのステージへの凱旋を完璧な形で記録している。2022年11月7日、アムステルダムのジッゴ・ドーム(Ziggo Dome、キャパシティ17,000人)公演の模様をとらえた今回のライヴ映像作品は、視聴者をステージの真ん中にいるような感覚にさせ、極上のセットを演奏する彼らの背後で精神が高揚するビジュアルが炸裂する様子を体験させてくれる。
スティーヴン・ウィルソンの言葉を用いれば“ヒット曲のない”セットリストは、1つ1つの曲が別展開の世界からやってきた賛歌のように捉えられている。スティーヴン・ウィルソン、リチャード・バルビエリ、ギャヴィン・ハリソンに加え、ツアー・ミュージシャンのランディ・マクスタイン(g)、ネイト・ナヴァロ(b)が、ポーキュパイン・ツリーの2022年の再結成アルバム収録曲の多く(シングル「ハリダン」や「オブ・ザ・ニュー・デイ」など)や、「トレインズ」、「フィアー・オブ・ア・ブランク・プラネット」、「アネステタイズ」といった往年の名曲を演奏している姿がフィーチャーされている。


1. Blackest Eyes
2. Harridan
3. Of the New Day
4. Rats Return
5. Even Less
6. Drown With Me
7. Dignity
8. The Sound Of Muzak
9. Last Chance To Evacuate Planet Earth Before It Is Recycled
10. Chimera’s Wreck
11. Fear of a Blank Planet
12. Buying New Soul
13. Walk The Plank
14. Sentimental
15. Herd Culling
16. Anesthetize
17. I Drive The Hearse
18. Sleep Together
19. Collapse the Light Into Earth
20. Halo
21. Trains
※ライヴ映像完全収録+ドルビー・アトモス・サラウンド・サウンド音源 / 5.1 サラウンド・サウンド音源 / 24bitハイレゾ音源 (ボーナス・マテリアル以外)


1. Blackest Eyes
2. Harridan
3. Of the New Day
4. Rats Return
5. Even Less
6. Drown With Me
7. Dignity
8. The Sound Of Muzak
9. Last Chance To Evacuate Planet Earth Before It Is Recycled
10. Chimera’s Wreck
11. Fear of a Blank Planet
12. Buying New Soul
13. Walk The Plank
14. Sentimental
15. Herd Culling
16. Anesthetize
17. I Drive The Hearse
18. Sleep Together
19. Collapse the Light Into Earth
20. Halo
21. Trains
※ライヴ映像完全収録

<メーカー・インフォより>




【Blu-ray+DVD2枚組】

最新ニュース