【OLD ROCK】60年代の女性フォーク秘宝! エストニア生まれ、スウェーデン育ち、カナダで活動した女性フォーク・シンガー、リート・ヘンドリックソンが1969年に残した唯一作『REET』がリイシュー

  • PORTAL
  • ニュース

2024.02.09

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン OLD ROCK


60年代の女性フォーク秘宝! エストニア生まれ、スウェーデン育ち、カナダで活動した女性フォーク・シンガー、リート・ヘンドリックソンが1969年に残した唯一作『REET』がリイシュー。
素朴かつ巧みで物悲しい響きのギターとエストニア語による可憐な歌声による本作はヴァシュティ・バニヤン、ブリジット・セント・ジョン、シビル・バイヤー、モリー・ドレイクらと同様にたと代えがたい魅力を持った逸品です。スウェーデンにてネイティヴなみのエストニア語を身につけた彼女はカナダに渡り、ソ連の占領から亡命してきた若いエストニア人のアイデンティティをエストニア民謡をアレンジした楽曲を歌うことで表現します。エストニアのサマーセミナーで北マスコカの松の下で歌っていたところが目に留まり本作の録音へと繋がったそう。独特の節回し/メロディやエストニア語の質感に巻き舌、そして何よりも彼女の儚く美しい歌声と演奏が心をつかんで離さない1枚です。