【LATIN】Sreya & Cilon『ATENÇAO COM CORAÇAO』 スイスから届けられた極上のネオ・ボッサアルバム!!

  • PORTAL
  • ニュース

2024.04.02

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン LATIN / BRAZIL


スイスから届けられた極上のネオ・ボッサアルバム!!

スイスのシンガーソングライターであるSreyaは、同じくスイスの兄弟ユニットであるOkvshoの『Traphouse Jazz』や『Kamala's Danz』にヴォーカル/作詞作曲で参加するなど、チューリッヒの音楽シーンで密かに注目を集めていたようだ。そんな彼女が、満を持してSreya & Cilon名義でファーストアルバム『Atenção com Coração』(2024)のリリースを発表。
このあまりにも抽象的なデザインのアートワークを見てレフトフィールドなテイストを思い描いてしまうかもしれないが、内容はなんともエレガントなボサノヴァ。歌声は完全にボサノヴァ流のウィスパーボイスで、歌詞もほとんどポルトガル語だ。それでいて全体を覆う霧のような浮遊感が、なんともフューチャリスティックなムードを醸し出している。本作でもスイスのサックス奏者Sara El Hachimiをフィーチャーするなど、チューリッヒのジャズシーンとの関わりが深い彼女だが、このアルバムはジャズよりも明らかにボサノヴァを中心としたブラジル音楽からの影響が大きい。昨年リリースされたポルトガルのBeatriz Pessoa『PRAZER PRAZER』(2023)や、Maria Luiza Jobim『AZUL』(2023)などの作品を愛聴している方はきっと好きになってくれるはず。柔らかな音色に、軽やかでありながら瞑想的なムード。まさに極上のネオ・ボッサ・アルバムだ。