【NOISE/AVANT】GROUP LISTENING / WALKS サム・ゲンデル、日本の環境音楽にインスパイアされたUKグループ 待望の2ND

  • PORTAL
  • ニュース

2024.05.14

  • LINE

  • メール

ディスクユニオン NOISE / AVANT-GARDE


BRIAN ENO、ARTHUR RUSSELL、ROEDELIUS、そしてROBERT WYATTのアンビエント作品をクラリネットとピアノでアレンジした2018年作『CLARINET & PIANO』が高い評価を得たクラシック音楽とエクスペリメンタル・ミュージックの境界を行き交うUKグループ、 GROUP LISTENINGがPRAH RECORDINGSよりニューアルバムをリリース!

グループ初のオリジナル・コンポジション作品集となった本作は、SAM GENDELのサックス、MARTIN PARRの作品集、80年代から90年代の日本のアンビエント、環境音楽、ニューエイジ音楽(特にLIGHT IN THE ATTICのコンピレーション『KANKYŌ ONGAKU』)にインスピレーションを得たというもの。アンビエント、ニューエイジ的アプローチにとどまらず、アーリー・エレクトロニクスやライブラリー・ミュージックなどが持っていたキッチュさやアカデミックな魅力も内包した奥深い仕上がりとなっています!

最新ニュース